Since Oct.2015_ 127651
[Home] [きのこメモ] [Q&A] [投稿時のお願い] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

きのこ おしゃべりボード
迷惑投稿対策に投稿キーを設定しました。投稿の際には投稿Noを入力してください。

おなまえ
URL
題  名
先頭画像
コメント
画 像 1
画 像 2
画 像 3
投稿画像の数を変更できます→ (画像の参照はクリアされます)
修正キー (英数字で8文字以内。掲示板下部の欄から修正キーを使い修正・削除ができます。)
文字色
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
1.2017年 年末挨拶です   サルノコシカケ   青森県産きのこ図鑑の紹介   ??タケ   Bisporella   ホコリヤグラタケ   キンカクイチメガサ?
2.ドングリとイガグリからきのこ   アカヤマドリについて   胞子の形状   きのこ   多角菌組織?   クヌギタケと思ったのですが   顕微鏡
3.教えてください。   年末挨拶です   教えてください。   ヤマドリタケについて   ヒョウモンクロシメジ?   ミカワクロアミアシイグチ   きのこの季節
 新着の期間  [全ページの表示]  [目次OFF]  [新着一覧

ウツロイモタケ(吉見仮)  投稿者: gorosuke 投稿日:2011/01/10(Mon) 22:59 No.2078

今、去年撮影したきのこの写真を整理していたらウツロイモタケがきれいに撮れていたので投稿します。青木図版のウツロイモタケとは別種で、吉見昭一先生の図版「ミクロの世界へ第一歩」に載っている物です。非常にユニ-クな姿をしており、先生がギロクラテラ科ウツロイモ属に分類しているきのこです。愛知県内の数ヶ所で発生が確認されていて、東海地方から関西地方にかけて広く分布していると推定されますが、何故かあまり写真が紹介されることがありません。発生地をまめにチェックしてさえいれば必ず初夏か秋に見られるきのこではありますが、発生数は少なく、標本の採取さえ控えているきのこです。




Re: ウツロイモタケ(吉見仮)   gorosuke - 2011/01/10(Mon) 23:01 No.2079

写真が送れなかったので再投稿します。




Re: ウツロイモタケ(吉見仮)   gajin - 2011/01/12(Wed) 00:46 No.2082

gorosukeさま

立派なウツロイモタケ(吉見仮)の写真を見せていただきありがとうございます。
これもなかなか見られないきのこではないでしょうか?
私は岐阜県某所でいちど見せていただいたことがあるだけです。もう、かなり傷んでいる子実体でしたが、子嚢胞子は観察することが出来ました。
写真は、そのとき現場で簡易顕微鏡で撮影した子嚢胞子の画像です。





Re: ウツロイモタケ(吉見仮)   nivalis - 2011/01/12(Wed) 07:41 No.2084

gorosukeさん
珍しいきのこ写真を見せてくださりありがとうございます。「ミクロの世界へ第一歩」は申込そびれて持っていませんが、青木図版のウツロイモタケとどう違うのかな?って思っていました。gajinさんのお写真を拝見して納得です(gajinさん、ありがとうございます)。胞子は楕円で隆起した網目があるのですねぇ。




Re: ウツロイモタケ(吉見仮)   gorosuke - 2011/01/12(Wed) 20:09 No.2086

gajin様
>かなり傷んでいる子実体でしたが
あまり良い写真ではないのでアップするのはやめようと思っていましたが、老菌の写真もあります。古くなると頂部が破れて胞子を放出するようです。
>簡易顕微鏡で撮影した
さすがgajinさんですね。簡易顕微鏡でもこれだけ写るんですね。私は古いBHBにFL40を付けて撮っていますが、手入れの悪さもあって、このくらいに写せれば良いところです。もっと良いシステムに変えたいのですが、私の場合どこかで発表するわけでもないし、地元の仲間にそんな物を見せても関心が無い人が多いから当分このままで行く予定です。




Re: ウツロイモタケ(吉見仮)   gorosuke - 2011/01/12(Wed) 20:13 No.2087

もう一度写真を送ります。




Re: ウツロイモタケ(吉見仮)   Cascade - 2011/01/12(Wed) 23:45 No.2088

nivalis様
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
旧年中は研究面、愛媛フォーレにて大変お世話になりました。
鳥大のOです。

gorosuke様
怪しさ満点のウツロイモタケの写真ありがとうございます。
2枚目の写真のように頂部が裂開している姿は初めて見ました。
昨年、私もウツロイモタケ(吉見)を採集する機会があり、
信州大学のとある方とメールでやり取りする中で、
「Discomycetes etc.」にてPeziza guizhouensisとして記載されていることを教えていただきました。
http://chawantake.cool.ne.jp/data/Peziza_guizhouensis.html
現在、分子の方面でも解析を進めていますが、「Discomycetes etc.」に掲載されているように、
P. guizhouensisか、それの近縁種ではないかと思います。




Re: ウツロイモタケ(吉見仮)   gorosuke - 2011/01/14(Fri) 20:29 No.2089

>Cascade様
貴重な情報をありがとうございました。さっそく教えて頂いたサイトをみました。新種として名前がついているのは知りませんでした。また、そこには数個が固まって発生することもあると書かれていますが、今回のきのこも2つ出ていました。大きさは大きいほうが5〜6センチです。
今後とも宜しくお願い致します。





Re: ウツロイモタケ(吉見仮)   nivalis - 2011/01/18(Tue) 02:32 No.2090

Cascade さん
>旧年中は研究面、愛媛フォーレにて大変お世話になりました。

 こちらのほうこそ大変お世話になりました。またまた楽しませていただきました。また機会がありましたら…ウフフ…と楽しみにしています^ ^。

ところで、ウツロイモタケ(吉見仮)が
P. guizhouensisか、それの近縁種ではないか、とご教示頂きありがとうございます。老成すると頂部が裂開するものの、こんなPezizaもあるのですね。




Re: ウツロイモタケ(吉見仮)   Cascade - 2011/01/29(Sat) 23:12 No.2091

nivalis様

こちらこそ、また機会がありましたらよろしくお願いします。
今年は、北海道フォーレで特にお忙しいことと存じますが、多分参加できると思いますので、またお会いできるのを楽しみにしております。
ホウキタケのA藤さんから、nivalisさんに案内してもらった際、キノコの数が凄かった聞いてますので、期待が膨らみます。





日本産きのこ目録2011  投稿者: 買うとく 投稿日:2011/01/02(Sun) 23:52 No.2064

nivalisさん

あけましておめでとうございます。
昨年の愛媛観察会はお疲れさまでした。
また、今年もお会いできるのを楽しみにしています。
北海道には行けるかわかりませんが、気持ちは行くつもりです。
その際にはよろしくお願いします。


HPの「お知らせ」で載せていただいている日本産きのこ目録ですが、2011年度版をアップさせていただきました。
http://koubekinoko.chicappa.jp/

勝本先生の菌類集覧をチェックしようと思いましましたがあきらめました。
2010年度版に比べると1MBぐらい容量が増えたので、ファイルを開くのがより遅くなっています。


情報量が膨大になってきて自分でもすっかりわからなくなってきています。
気づいた点がありましたら連絡いただけると助かります。




Re: 日本産きのこ目録2011   nivalis - 2011/01/03(Mon) 18:44 No.2065

買うとくさん、明けましておめでとうございます。

「日本産きのこ目録2011」お知らせ頂きありがとうございます。
お知らせのほうは更新いたしました。
本当に膨大な内容量ですよね。
お疲れ様でした。

>北海道には行けるかわかりませんが、気持ちは行くつもりです。
>その際にはよろしくお願いします。

フォーレでも、またお会いできる日を楽しみにしています。
こちらこそ宜しくお願いいたします。

------
そういえば
どなたか、「栃木のおいしいきのこ」をお持ちではないでしょうか?
記憶違いかもしれませんが
Entoloma luridum が載っていると聞いたことがあるような気がするのですが。もしお持ちの方がいらっしゃいましたら、情報をお寄せください。お願いいたします。




Re: 日本産きのこ目録2011   買うとく - 2011/01/03(Mon) 19:48 No.2066

栃木のおいしいきのこ持ってますよ。
昨年、佐野書店さんが中古で販売していたので購入しました。

中身を詳しくみてなかったので、確認したところ、小さい写真ですがキシメジモドキという名前で載っていました。

あとで、そのページをスキャンしてメールで送ります。

目録に情報を追加してないといけないですね。




Re: 日本産きのこ目録2011   nivalis - 2011/01/03(Mon) 22:23 No.2067

>あとで、そのページをスキャンしてメールで送ります。

ありがとうございます!!
届きました。
(こんなに早く情報が入手できると思っていませんでした。感謝です。)
「きのこの話あれこれ」として掲載されていたのですね。
目録にはEntoloma luridum はキイロウラベニタケと掲載されています。
実はE. luridumについてチョット気になっていました。
E. luridum は、K懇会通信147号(2008)にキシメジモドキ(青木仮称 図版No1389)ではないかと載せたことがあります。これとは別にM山K吉さんがE. luridumにキイロウラベニタケと仮称を与えているのですね↓。
http://www.ne.jp/asahi/mushroom/tokyo/
「きのこ採り名人」ではM山仮称を採用したと思いますが、他の図鑑類ですでにE. luridum の記録があれば、どうなんだろうかと思っていました。「きのこの話あれこれ」は種の記録ではないように思うので、キイロウラベニタケでよいのかな…と思っています。




Re: 日本産きのこ目録2011   gorosuke - 2011/01/05(Wed) 20:45 No.2068

皆様、明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

>買うとくさん
中々個人的な都合で関西の観察会に行けないので、「きのこのしるべ」は大変参考になります。今年も期待しています。

>キイロウラベニタケ
先日海華さんのところで、この名前が話題になりました。M山さんが最初に使い始めた名前なんですね。間違えて覚えてしまわないで良かったです。昨年、愛知県森林公園にたくさん生えていて、それまで見たことが無かった私は非常にびっくりしました。




Re: 日本産きのこ目録2011   買うとく - 2011/01/05(Wed) 23:14 No.2069

nivalisさん

キシメジモドキは、キシメジとは科も違うのでモドキという名前は不適当ですが、先命権がありますね。
一方、キイロウラベニタケは公の出版物に報告されていて、和名も不適切ではないことを考えればキイロウラベニタケのほうが優先されるような気もしますね。
 ただ、規約がないので、どちらを優先するかは、採取記録などを作るときにどちらの和名を使うかは研究者の判断(アマチュアも含めて)にゆだねられているような気がします。
 個人的にはイッポンシメジ科の黄色いキノコという意味合いで名前からきのこをイメージしやすいキイロウラベニタケのほうを優先しました。
 両者ともに厳密な正式な報告という意味では未なのでしょうね。
 そうすると目録では
キイロウラベニタケ=キシメジモドキ
と同格に扱う必要があるかもしれません。
このあたりは目録作成にあたって悩ましいところです。

gorosukeさん
いつかお会いできるのを楽しみにしています。




Re: 日本産きのこ目録2011   nivalis - 2011/01/06(Thu) 01:00 No.2070

gorosukeさん
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

>M山さんが最初に使い始めた名前なんですね。

はい。と思っています。

買うとくさん
>キイロウラベニタケ=キシメジモドキ
>と同格に扱う必要があるかもしれません。

そうですね。私も同格ではないかと思います。
公の出版物に掲載になれば、それが新産種報告になる云々とも言われてますが
その辺は非常に曖昧ですよね。

>キシメジモドキは、キシメジとは科も違うのでモドキという名前は不適当ですが

確かにキシメジに似たきのこ…ですよね。
けれど青木さんは別な意味合いでつけられたんじゃないでしょうかね
シメジモドキ(ハルシメジ)から、黄シメジモドキとして。




Re: 日本産きのこ目録2011   買うとく - 2011/01/06(Thu) 20:33 No.2071

なるほど!
「キシメジ・モドキ」ではなく、「キ・シメジモドキ」なんですね。
シメジモドキがイッポンシメジ属のきのこですから、そうすると、不適切な名前とはいえませんね。
名前に納得です。




Re: 日本産きのこ目録2011   nivalis - 2011/01/07(Fri) 00:09 No.2072

>「キシメジ・モドキ」ではなく、「キ・シメジモドキ」なんですね。

どちらが正解なのか分かりませんが^ ^;
このほかにキシメジモドキと同種ではないの?と思われるものに「キイロイッポンシメジ」(図版No 1494) があります。キイロイッポンシメジがイッポンシメジ+黄色とすれば、シメジモドキ+黄色でキシメジモドキにしたんじゃないかなぁ…と思うのですが、キシメジにホントよく似ていますし、本当のところは私にも分かりません。

蛇足ながら
キシメジモドキとキイロイッポンシメジの違いは傘表面の色合いにあるように思います。
キシメジモドキ…帯黄灰褐色〜帯オリーブ灰褐色
キイロイッポンシメジ…鮮黄色
とあります。
下の写真は2007年に撮ったものです。


下の写真は、2007年採取とほぼ同じ場所で昨年8月に撮ったものです。
こちらは鮮黄色と言えるんじゃないかと思います。




Re: 日本産きのこ目録2011   買うとく - 2011/01/07(Fri) 23:30 No.2073

写真拝見しましたが、確かにキシメジによく似ていますね。

キイロイッポンシメジ=キシメジモドキ
だとすれば、キイロイッポンシメジは名前からキノコを想像できるいい名前だと思いますので、さらにどの名前を採用するか悩ましくなりますね。

まだ、見た事がありませんが一度見てみたいキノコです。




Re: 日本産きのこ目録2011   gajin - 2011/01/08(Sat) 10:12 No.2074

皆様、遅ればせながら、新年おめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

> 買うとく様

> まだ、見た事がありませんが一度見てみたいキノコです。

良く似たものが2004年に三重県いなべ市で採集されていますが、それ以降再採集されていませんので、関西方面ではけっこうレアなきのこなのかも分かりません。あるいは発生期間が短いのかも・・。
http://gajin.sakura.ne.jp/gazouokiba/Entoloma_sp040912.htm

実物を見た感じでも、キシメジやカラキシメジにかなり良く似ていました。
なので私は、青木氏の仮称は「キシメジ・モドキ」だと思い込んでしまい、やっぱりあの青木氏もキシメジに似ていると思っていたのかと、変に納得しておりました。
nivalisさんの解釈には思い及ばなかったです。




Re: 日本産きのこ目録2011   gorosuke - 2011/01/08(Sat) 23:16 No.2075

>確かにキシメジによく似ていますね
私はむしろハエトリシメジを思い出しました。きのこ会の仲間にキイロウラベニタケの写真を見せたところ「クサウラベニタケの黄色いやつだ。」と一目でイッポンシメジ科のきのこだと看破したした人がいたので、分からなかった自
分に嫌悪感を覚えていました。そんなに悲観することもないのですね。

>関西方面ではけっこうレアなきのこなのかも分かりません
黄色のヒダを持つイッポンシメジは愛知県でもレアです。しかしどう言う訳か昨年は良く発生しました。





Re: 日本産きのこ目録2011   nivalis - 2011/01/09(Sun) 09:03 No.2076

gajinさん
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
29日は行けなくて残念です。
資料はK懇会を通して入手出来るのでしょうか…
資料だけでも欲しいです。

>さらにどの名前を採用するか悩ましくなりますね。

悩ましいですね^ ^;。
いつかどなたが日本菌学会報やMycoscienceなどで報告し、和名を考えるとき、どんなふうにつけられるんでしょうね。というか、和名にケリをつけていただきたい、ですね。

gorosukeさん、お写真をありがとうございました。
このきのこは、時間の経過とともに黄色が退色すると思っていましたが
更に時間が経過したものについて観察していなかったので、時間が経ったり老成すると、傘はどんな色合いになるのか不明でした。
1枚目のお写真は、まさに「帯黄灰褐色〜帯オリーブ灰褐色」という感じですね。

>関西方面ではけっこうレアなきのこなのかも分かりません

北海道でもレアですよ^ ^.
一度発生する場所を見つけてしまうとしばらくは毎年その場所あたりに発生するようですが、gajinさんが仰るように、発生する期間は短いような気がします。北海道では8月初旬から中旬といったところでしょうか。




Re: 日本産きのこ目録2011   gorosuke - 2011/01/10(Mon) 19:26 No.2077

私の説明が不足していて申し訳ありません。最初の写真は私がキヒダイッポンシメジと同定したものです。これらのきのこが見つかった観察会はいずれも私が講師として呼ばれた場だったので自由が利きません。こういった観察会では参加者全員が採取して来たきのこを私ひとりで仕分け、同定し説明を行います。従って標本の写真撮影はその後となってしまうのでどうしても鮮度が落ちてしまい、分かりにくくてすみません。。真ん中のキイロウラベニタケも採取されたばかりの時は、nivalisさんがとられたもののようにキタマゴタケを思わせるきれいな黄色でした。




Re: 日本産きのこ目録2011   nivalis - 2011/01/11(Tue) 09:59 No.2081

後から3枚の写真が別種で、それぞれ黄色いヒダを持つきのことして掲載されたのかもとは思ったのですが、やはりそうでしたか^ ^.
早とちりですみませーん。




Re: 日本産きのこ目録2011   gajin - 2011/01/12(Wed) 00:55 No.2083

> 29日は行けなくて残念です。
> 資料はK懇会を通して入手出来るのでしょうか…
> 資料だけでも欲しいです。

ズキッ・・
資料は鋭意作成中ですが、そんな立派なものは出来そうにありませんです。
・・っていうか、nivalisさんにはそんなもん必要ないのでは・・?
ああいかんです。こんなことしてるとますます資料できませんです・・。




Re: 日本産きのこ目録2011   nivalis - 2011/01/12(Wed) 07:47 No.2085

>・・っていうか、nivalisさんにはそんなもん必要ないのでは・・?

ウンニャ…必要です- -;。

>ああいかんです。

こんなことしてる場合ではないと思いながら別なことをやってしまう…
私なんぞ、まさに「それ」です(汗)。





明けましておめでとうございます...  投稿者: レオピー 投稿日:2011/01/01(Sat) 09:38 No.2062

ニヴァリスさん
皆さん

明けましておめでとうございます。
新年もよろしくお願いいたします。

今年は北海道フォーレが開催され忙しいと思いますが、いろいろと勉強させてもらい自分の方向性を見つかればと思っています。

今年もどんなきのこが顔を見せてくれるのか楽しみです。
皆さんも是非いろいろな情報を教えて下さい。




Re: 明けましておめでとうござい...   nivalis - 2011/01/01(Sat) 19:53 No.2063

レオピーさん、皆様
明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

今年のフォーレは大会に続き行われるので平日になります。
北海道は遠いなぁ…と思われている方
平日で北海道はチョットね…と思われている方
チョットチョットそこのあなたっ
こんな機会でもなければなかなか来られないと思いますんで
どなた様も休暇をとって、ぜひぜひいらしてください!
お待ちしています〜〜〜!!!

>今年もどんなきのこが顔を見せてくれるのか楽しみです。

ホント、今年もどうかたくさんのキノコが出ますように(_人_)パンパンっ!
です^ ^。





内皮膜について  投稿者: konpas 投稿日:2010/12/01(Wed) 13:21 No.2059

こんにちは。
海岸のクロマツ林内地上でハマシメジと思われるきのこを採取しました。
他のキノコ採りの人がクマシメジと言っていたので,図鑑で確認したところ,クマシメジとハマシメジの違いはハマシメジには「幼時に蜘蛛の巣状内皮膜がある」と記載されていました。
それで教えていただきたいのですが,投稿した3枚の画像にはつばの痕跡がある様に見えるので「内皮膜の痕跡がある」と見てよろしいでしょうか。

ご教示よろしくお願いします。





Re: 内皮膜について   イグチ 潔 - 2010/12/01(Wed) 22:57 No.2060   HomePage

「内被膜の痕跡」という用語は「綿毛状の菌糸片」+「かさの縁にぶらさがる膜片」+「二重のつばのうち、柄の上位に位置するもの」などを総称するので、この場合は「綿毛状〜繊維状の、内被膜の痕跡」とするのがよさそうです.

 なお、クマシメジは、内被膜を欠くほかに、ひだが幼時から暗灰色を呈することや、柄が黄色みを帯びることでも区別できます.




Re: 内皮膜について   konpas - 2010/12/02(Thu) 16:27 No.2061

イグチ 潔 様

いつも詳細なコメントありがとうございます。

>クマシメジは、内被膜を欠くほかに、ひだが幼時から暗灰色を呈することや、柄が黄色みを帯びることでも区別できます.

私の持っている図鑑には記載されていない内容なので,大変ありがたいです。
いろいろ勉強になります。





きのこの肉厚について  投稿者: konpas 投稿日:2010/11/22(Mon) 10:38 No.2047   HomePage

皆さん,こんにちは。

図鑑をながめていたら,「肉は極薄い」,「肉は比較的厚い」あるいは「肉の厚さは○○ミリ」の記載がありました。

薄い,厚いは何を基準にしているのでしょうか。
また,肉厚を計る箇所はどこなのでしょうか。
添付画像にA,B,Cと記号を付けてみました。記号を付けた箇所によって厚みが全く違うので,疑問を持ちました。

ご教示よろしくお願いします。つまらない質問でしたらご容赦願います。





Re: きのこの肉厚について   nivalis - 2010/11/22(Mon) 22:46 No.2049

こんばんは konpasさん

>薄い,厚いは何を基準にしているのでしょうか。

そうですね。確かに何ミリ以上は厚く、何ミリ以下は薄いって基準があるのか私にもわかりませんが、一般に知られるシイタケは、肉厚が旨い云々言いますよね。厚いというには少なくとも1cm以上のような気はしますけど、どうなんでしょう?(すみません、私もよくわかりません)

>また,肉厚を計る箇所はどこなのでしょうか。

「図解きのこ鑑別法」では、「傘の辺縁および中心で厚さをmm単位で計測する。」とあります。
下のようなきのこもありますので、記載するときには中心部で○○mm、傘縁で○○mmということになるんでしょうか・・・。


一般に下のようなきのこは、傘肉が薄いと判断していますけどね。


表記の仕方など、興味をお持ちのようなので
図解きのこ鑑別法は、ぜひお勧めの一冊です。





Re: きのこの肉厚について   イグチ 潔 - 2010/11/23(Tue) 14:45 No.2052

   >「肉の厚さは○○ミリ」の記載・・・

 肉の厚みが○○ミリ未満なら△△タケ、○○ミリ以上なら□□タケ、というように、はっきりと分類群を区別するために有用視されるほどの形質ではありません.

 普通は、かさの中央部において、かさの表面からひだとかさとの境界線までの厚みを測っておけば充分だと思います(No. 2409を参照).「○○ミリ」と文字で表現するよりも、現物を正確に描画しておくほうが、記載を読む側には直感的に理解できるかと.

 「図解 きのこ鑑別法」の出版記念式典の招待状を貰ったのですが ... さてどうしたものでしょうか ...(汗)




Re: きのこの肉厚について   佐野 - 2010/11/23(Tue) 21:27 No.2055

河原 栄*1 (訳) 井口 潔*2 (監訳) (2010) 
*1:金沢大学医薬保健研究領域教授  *2:菌類懇話会顧問
「図解きのこ鑑別法 ―マクロとミクロによる属の見分け方―」 西村書店
価格3990円(税込み) 送料:引続きサービス
A5判・並製・392頁。ベストセラーの“ How to Identify Mushrooms to Genus シリーズ ”の中のVol. 1 Macroscopic Features と Vol. 3 Microscopic Features の二巻を日本語に訳したものです。
佐野書店ブログ:http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-857.htmlを参照(宣伝ですみません)。




「図解きのこ鑑別法」   nivalis - 2010/11/24(Wed) 09:47 No.2057

イグチさん、厚さ薄さについて、ありがとうございます。

佐野さん紹介頂きありがとうございます。
これからも宜しくお願いいたします。

図鑑写真と絵合わせできれば良い!・・・と言う人には不向きの本ですが
konpasさんだけでなく
きのこの同定を少し詳しくやってみたいと言う人には、ぜひお勧めいたします。

訳者序文の中から抜粋

『16年前に亡くなった父は,その晩年には毎日顕微鏡できのこの胞子を観察していた。同時にきのこの肉眼的形態と顕微鏡的形態を勉強するために、デビット・L・ラージェントDavid L.,Largentの“How to Identify Mushrooms to Genus(きのこの属の見分け方)”を日本語に断片的に訳してノートに書き出していた。
ー中略ー
 ノートの発見当初は,私自身,この本の価値に気がついておらず,亡き父を偲ぶための単なる遺稿としてとらえていた。しかし,この本の翻訳作業を続けるにつれ,徐々にその価値を知るようになった。まず,きのこの肉眼的形態に関する多くの用語の定義が明瞭で正確なこと,次に,「中間」を示す用語が豊富であることに圧倒された。微妙な違いを示す用語を,それぞれ異なる日本語に当てはめるのはしばしば難しかった。しかし,このような違いが定義されなければ,きのこの形態を客観的な文章で描写することは出来ないし,同定することも出来ないだろう。少しの一般教養があれば誰でも理解できるような内容の科学的なきのこの本は,今までの日本には殆どなかった。平易さを追求しすぎると正確性を欠くかもしれないし,実際の正確な同定に役立たないかもしれない。逆に,厳密性を追求すると難解な内容になりがちである。その点本書は豊富な用語を正確に定義し,しかも精密な線図により効果的に視覚に訴えてくる。きのこの種や属について学習したい人には必須の書と言えよう。ー後略ー』

日本には“How to Identify Mushrooms to Genus” のような基本書がなく、この本の訳が待望されていました。訳者が講じておられますように「きのこの種や属について学習したい人には必須の書」だと思います。




Re: きのこの肉厚について   konpas - 2010/11/24(Wed) 09:55 No.2058   HomePage

nivalisさん,イグチ 潔さん

いつも図鑑の紹介や表現の仕方を教えていただきありがとうございました。
今回も自分なりに理解できました。ありがとうございます。

ところで,イグチ 潔さん,
(No. 2409を参照)は何の番号でしょうか。掲示板のナンバーかと思ったのですが,番号が大きいので違うみたいで,参照に行けません。教えていただけると幸いです。

佐野さん,nivalisさん,
詳細な図鑑の紹介ありがとうございます。
「北陸のきのこ図鑑」の後だけに,購入にはしばらく時間がかかりそうです。でも何れ購入したいと思っています。





シロヌメリイグチの繊維紋  投稿者: konpas 投稿日:2010/11/16(Tue) 09:32 No.2037   HomePage

こんにちは。
10月23日にカラマツ,アカマツ,コナラ類の混生林に発生していました。

シロヌメリイグチと思ったのですが,傘に鱗片?状の繊維紋?があります。
図鑑で確認しても傘に鱗片の記載を見つけられませんでした。

シロヌメリイグチには鱗片があるのでしょうか。





Re: シロヌメリイグチの繊維紋   種山 - 2010/11/16(Tue) 21:58 No.2038

konpasさん こんにちは

北陸のきのこ図鑑には、かさ鱗片の記述が有ります。Fungi EiropaeiにはSuillus viscidus = S. laricinusの写真が掲載されており、鱗片が明瞭に確認できますので「シロヌメリイグチには鱗片がある」ということでいいと思います。

保育社の図鑑に、かさ鱗片の記述は有りません。たいていの国内の写真図鑑は保育社図鑑に「右にならえ」といった感じですので、かさ鱗片の記述がされていないのでしょう。すべての形質がもれなく記述された図鑑は今のところ存在しないというのが現状ではないでしょうか。




Re: シロヌメリイグチの繊維紋   konpas - 2010/11/17(Wed) 12:47 No.2039   HomePage

種山さん,こんにちは。
早速の回答ありがとうございます。

>「シロヌメリイグチには鱗片がある」ということでいいと思います。

そうですか。ありがとうございます。いろいろ勉強させてもらって,よく観察するようになったら,余計に疑問が出てきてしまいました。(笑)

北陸のきのこ図鑑は,ネットで話題に上がっているのをよく見かけるので,購入を考えてみようかなと思います。




Re: シロヌメリイグチの繊維紋   佐野 - 2010/11/19(Fri) 11:01 No.2040

『北陸のきのこ図鑑』は、著者の池田先生の自費出版ですでに版元絶版です。佐野書店だけがきのこを勉強したい方のために、ボランティア的に在庫を持ち販売を続けています。その在庫もあと1年持たないかもしれません。ご希望の方はお早めにお求め願います。価格:定価どおり15000円+送料500円(レターパック実費)
佐野書店:http://sanoshoten.blog13.fc2.com/
検索ソフトで“佐野書店”をキーワードで検索してください。
“北陸のきのこ図鑑”をキーワードにしたら2番目あたりに出てきます。




北陸のきのこ図鑑   nivalis - 2010/11/19(Fri) 14:11 No.2041

こんにちは 佐野さん
図鑑在庫のお知らせありがとうございます。

『アマゾンでは古書として4万5千円の価格』すごいですね。
いよいよ在庫がなくなってしまうと、やっと見つけてもプレミアつきで入手しなければならなくなりますね。
 以前、『北陸のきのこ図鑑』が出版予定と知らされる前に、池田先生の前著「石川きのこ図鑑」の再版がかなり望まれましたが、『北陸のきのこ図鑑』は何年か後に同じように再版が望まれる道をたどるのでしょうね。




Re: シロヌメリイグチの繊維紋   konpas - 2010/11/19(Fri) 14:51 No.2042   HomePage

佐野さん,nivalisさん,こんにちは。

佐野さん,情報有りがとうございます。
ネットで検索したら,図鑑は高いと思っていましたが,価格が15,000円でビックリ。しかも絶版でビックリでした。

nivalisさん,
15,000円にビビりましたが,古書で4万5千円は驚きの価格ですね。
早期購入を神様に相談してみます。(笑)




Re: シロヌメリイグチの繊維紋   イグチ 潔 - 2010/11/23(Tue) 15:01 No.2053

   >「シロヌメリイグチには鱗片がある」ということでいい・・・

 「鱗片を有することがある」、とか「鱗片状をなすことがある」ぐらいの表現がちょうどいいのではないかと感じます.

 ある形質がほぼ常に出現し、しかもそれが、他の類似の菌との識別に際して重視される場合は「〜がある」・「〜になる」・「〜を呈する」としておくのがよいかもしれません.

 厳密には、「かさの肉から遊離して浮いており、しかもある程度の厚みを有する場合」に限定して「鱗片」の語を用いるほうがいいような気もしますが、配列にある程度の規則性があるものを「鱗片」とし、そうでなく無秩序に散在する場合は「亀裂」とみなすのが慣例のようですね.




Re: シロヌメリイグチの繊維紋   種山 - 2010/11/23(Tue) 20:49 No.2054

>鱗片を有することがある」、とか「鱗片状をなすことがある」ぐらいの表現

確かにその通りですね。深く考えずにkonpasさんの言葉をそのままはりつけただけなのです。鱗片状をなすのは、成熟する一歩手前のステージである事が多かったと思います。老成すると鱗片(正確には鱗片状に構成された菌糸群?)は消失するようです。消失のメカニズムについては、未勉強のためわかりません。




Re: シロヌメリイグチの繊維紋   konpas - 2010/11/24(Wed) 09:46 No.2056   HomePage

イグチ 潔 さん

具体的な表現方法を教えていただきありがとうございます。
大変参考になります。





シロタモギタケの写真  投稿者: nivalis 投稿日:2010/10/21(Thu) 09:31 No.1991

皆様

綺麗なシロタモギタケのお写真がありましたら提供していただけませんでしょうか?
小冊子に使用したい(無償)とのことでお話を頂いていますが
皆様の周りでシロタモギタケを見つけ、
これならどうでしょうか〜と言うものがありましたら
1MB以下でしたら投稿可能ですので
(1MB以上の場合はメール添付でお願いいたします。nivalis@snowy.memail.JP-JPを小文字にかえてください)
ぜひ投稿・提供お願いいたします。




Re: シロタモギタケの写真   KINONCOSKY - 2010/10/26(Tue) 19:50 No.1997

はじめまして。

何時も楽しませて頂きありがとうございます、キノコに興味を持ち始めてから10年程たちますが
未だに新参者です (TvT)> 宜しくお願いします。

さて 写真の提供などおこがましいのでは、と思いましたが
丁度それらしい物を昨年の11月に撮っておりましたので投稿してみます。
最近までブナシメジとばかり思っていましたが シロタモギタケではないか?っと
海華様より ご指摘を頂きました。
汁物にして食しましたが 歯切れ舌触り共に良く大変上品な味わいでした。





Re: シロタモギタケの写真   nivalis - 2010/10/27(Wed) 19:42 No.2000

KINONCOSKYさん、ようこそ、はじめまして♪
シロタモギタケのお写真、ありがとうございます。

>さて 写真の提供などおこがましいのでは、と思いましたが

いえいえ、全然おこがましくありませんです。
提供お願いしますと投稿して音沙汰がないと、淋しい限りです。
色んな写真が集まって、その中から小冊子を作成する方に選んでいただけたらと思っています。
 シロタモギタケは、傘より柄が美味しいきのこだと思っていますが、仰るように上品な味のきのこですよね。

それとシロタモギタケはかさ中央部が褐色を帯び(細かなささくれあり)ていたり、褐色がわずかにある程度か殆ど白色と幅があるようです。
3年前に撮っていた写真です。


色んなシロタモギタケの写真が集まるといいなぁと思っています。
写真をお持ちの方で提供可でしたら投稿宜しくお願いいたします。




Re: シロタモギタケの写真   nivalis - 2010/11/08(Mon) 21:53 No.2015

写真の追加です。
綺麗にゴミを取っていれば、そこそこいい被写体だったのになぁ
と反省…。




Re: シロタモギタケの写真   オリミキ - 2010/11/12(Fri) 07:06 No.2029

足場が悪く上手く撮れなかったので投稿したくなかったのですが写真が少ないようなのでにぎやかしに参加させてください。

シロタモギタケの和名って白いタモギタケの意なんでしょうか。
両者には殆ど関連がないような気がしますが。




Re: シロタモギタケの写真   nivalis - 2010/11/12(Fri) 10:46 No.2030

こんにちは オリミキさん

>写真が少ないようなのでにぎやかしに参加させてください。

ありがとうございます!

>シロタモギタケの和名って白いタモギタケの意なんでしょうか。
>両者には殆ど関連がないような気がしますが。

ホント、なんでシロタモギタケってついたんでしょうね?




Re: シロタモギタケの写真   レオピー - 2010/11/12(Fri) 21:23 No.2031

皆さんこんばんは。

やっと仲間に入れました。ホッ。

今日、妻を迎えに行く途中車を走らせていたら、立ち木から白いきのこが目に入り止めてみるとやりました。シロタモギタケです。慌ててカメラを取り出し撮影しました。
でも、きのこって言葉に出して言うと突然現れますよね〜。
きのこの不思議の一つです。(森の妖精さんの仕業かな?)
あ〜マツタケ見つけた〜い。よし見つかるかな?




Re: シロタモギタケの写真   オリミキ - 2010/11/12(Fri) 23:21 No.2032

レオピーさんのブログ拝見して年齢は違うようですが誕生日が同じですね。
生まれた年はnivalisさんと同じだと思っています。




Re: シロタモギタケの写真   レオピー - 2010/11/13(Sat) 07:17 No.2033

オリミキさん
こんにちは。

誕生日同じですか、お誕生日おめでとうございます。\(^o^)/




Re: シロタモギタケの写真   nivalis - 2010/11/14(Sun) 21:40 No.2034

>シロタモギタケです。慌ててカメラを取り出し撮影しました。

「ねっ、あるでしょう」といった感じです。
きのこ目を持つことと、持たないでは、あるきのこも見えないんじゃないでしょうかね。

>生まれた年はnivalisさんと同じだと思っています。

ありゃ?、バレバレですかぁ〜。




Re: シロタモギタケの写真   yonpapa - 2010/11/19(Fri) 20:58 No.2043

はじめまして。いつも楽しく拝見させて頂いています。
シロタモギタケ、あまり自信はないのですが、2枚ほど。
間違っていなければいいのですが・・・。





Re: シロタモギタケの写真   yonpapa - 2010/11/19(Fri) 21:08 No.2044   HomePage

すみません、容量オーバーで画像が1枚になってしまいました。
追加します。





Re: シロタモギタケの写真   nivalis - 2010/11/20(Sat) 15:49 No.2045

はじめまして yonpapaさん
HP、一部ですが拝見させていただきました。
楽しさいっぱいですねぇ
きのこ宴会(最終編)、うわぁ〜とこちらまで顔がほころびました!
これからチョイチョイのぞかせていただきますので
ヨロシクです。

シロタモギタケの写真、ありがとうございます。
No2029の「シロタモギタケの和名って白いタモギタケの意なんでしょうか。」のオリミキさんが仰ってたことから、フツフツ考えていたのですが
シロタモギタケはハルニレなんかにも出るみたいですが
タモの木(アオダモとかヤチダモ)に出る白いきのこって意味で付けられ、
黄色いタモギタケとは関係のない名前なんじゃないだろうか・・・と思っていたところでした。
yonpapaさんの見られたシロタモギタケは何の木から出ていたのでしょうね?




Re: シロタモギタケの写真   オリミキ - 2010/11/20(Sat) 21:56 No.2046

私の写真の木はヤチダモのような気がします。
日本産菌類集覧を見るとタモギタケ、シロタモギタケどちらも今井三子の命名で両者とも別名はニレタケとなっていますね。
nivalisさんの予想が正しそうな気がしてきました。




Re: シロタモギタケの写真   yonpapa - 2010/11/22(Mon) 21:11 No.2048

樹木もキノコも詳しくは分かりません。タモの木の巨木の樹皮とは違いますね。ブナでもない。
傘の表面を見てブナシメジとは違うと疑問に思っていました。
書店で立ち読みした図鑑にタモギタケとは別種として載っていたのを見て、勝手に納得。
たぶん、これがシロタモギタケだろうなんてね!
皆様のご意見が聞きたくて投稿しました。





Re: シロタモギタケの写真   nivalis - 2010/11/22(Mon) 23:09 No.2050

>皆様のご意見が聞きたくて投稿しました。

何の加減で全体が白っぽくなるのか、褐色っぽくなるのかわかりませんが
yonpapaさんの見つけられたきのこは、シロタモギタケで良いと思いますよ。

-----
そうそう・・・ちょっと疑問だったのですが
ブナシメジって、本州ではブナの木に出るのでしょうか?
私の住むあたりはブナがないので、ブナシメジもシロタモギタケもヤチダモに出ます。ブナシメジとかシロタモギタケって樹種をそんなに選ばないきのこなんでしょうかね?




Re: シロタモギタケの写真   yonpapa - 2010/11/22(Mon) 23:44 No.2051

私の地域のブナシメジは、ほとんどブナに出ます。
西の地域や北陸の友人達は楢の立ち枯れに付くナメコで賑わっています。
私の住む地域には、まだ虫が来ないようで楢の立ち枯れは多くありません。
ブナもミズナラも同じ程度に倒木がありますが、ナメコはブナに付いています。
キノコさん達も好みはあるのでしょうが、絶対これなんて我儘は言わないのかなぁ。
生きる為には順応性を持って住まいを作るんでしょうかね。





[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38]

投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(修正キー)を入れると修正・削除ができます。
投稿Noや修正キーの入力ミスがあると拒否されますのでご注意ください。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto -