Since Oct.2015_ 165075
[Home] [きのこメモ] [Q&A] [投稿時のお願い] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

きのこ おしゃべりボード
迷惑投稿対策に投稿キーを設定しました。投稿の際には投稿Noを入力してください。

おなまえ
URL
題  名
先頭画像
コメント
画 像 1
画 像 2
画 像 3
投稿画像の数を変更できます→ (画像の参照はクリアされます)
修正キー (英数字で8文字以内。掲示板下部の欄から修正キーを使い修正・削除ができます。)
文字色
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
1.コウスムラキシメジか?   何類でしょうか?   石垣島のきのこ   2017年 年末挨拶です   サルノコシカケ   青森県産きのこ図鑑の紹介   ??タケ
2.Bisporella   ホコリヤグラタケ   キンカクイチメガサ?   ドングリとイガグリからきのこ   アカヤマドリについて   胞子の形状   きのこ
3.多角菌組織?   クヌギタケと思ったのですが   顕微鏡   教えてください。   年末挨拶です   教えてください。   ヤマドリタケについて
 新着の期間  [全ページの表示]  [目次OFF]  [新着一覧

登山道にて  投稿者: konpas 投稿日:2010/06/25(Fri) 08:33 No.1846   HomePage

nivalisさん,こんにちは。

>20数件のスパム投稿があり削除しましたがkonpasさんの投稿も間違って削除してしまいました。

スパム投稿は困りますね。私の所にも時々ですが,投稿があり速攻で削除してます。

さて,福島県会津の登山道でヒラタケを見つけました。
多分ウスヒラタケと思いますが,思いがけず出会ったので,チョー嬉しくて写真に撮りました。もちろんその後は採取して持ち帰りです。今時期に出会ったのは初めてなので,余計嬉しいです。

鍋の具材にしたかったのですが,諸般の事情で味噌汁にして美味しく頂きました。香りがとても良かったです。





Re: 登山道にて   nivalis - 2010/06/25(Fri) 11:33 No.1847

konpasさん ありがとうございます。

実の厚さから、どちらかに私も判断していますが
食べ頃の「今晩の食材」を偶然見つけると嬉しくなりますよね。
木の裏側にも発生しているようで
そこそこの収穫になったようで良かったです。
これからも、いろんなきのこに出会えると良いですね。

それと、手前に白い可憐な花が咲いていますが、こちらでは見かけない花だなぁと拝見していました。




Re: 登山道にて   konpas - 2010/06/25(Fri) 17:17 No.1848   HomePage

>それと、手前に白い可憐な花が咲いていますが、こちらでは見かけない花だなぁと拝見していました。

はい,北海道には無いと思います。図鑑やネットの情報で知る限りでは,地域が限定されているようです。
オサバグサという大変可憐な花で,東北の帝釈山と他には極特定の山に生えているようです。
山の名前を出しましたが,地元では「オサバグサ祭り」と称して,ほぼ1ヶ月間先着登山者にバッチを配布しています。監視人もしっかりといます。
今回わざわざこの花を見に行ってきました。





Re: 登山道にて   イグチ 潔 - 2010/06/26(Sat) 20:52 No.1849

 「梅雨入り」したはずなのですが、関東地方はきのこの発生状況が芳しくありません.
 一昨日、何年かぶりで、一人できのこを探しに照葉樹林に入ったのですが、ヒビワレシロハツ・カワリハツの一変種・チチタケ属の一種(おそらくは新種・・・^^;)アワタケ・アセタケ類2種と、たぶん木屑を栄養源としているとおぼしいヒトヨタケ属の一種が採れたのみでした.

 オサバグサは、20年ほど前にシダ植物を勉強していたころに、東京都西部の山岳地帯で師匠に教えていただいた思い出があります.
 実物をみたのは開花期ではなかったので、改めて、花が開く時期に現地を訪れて「おー、なるほど・・・」と感動した記憶があります.

 文献によれば、従来はケシ科に置かれてきていましたが、最近ではケマンソウ科に所属させたり、あるいは独立したオサバグサ科(一属一種)を設ける意見もあるようです.




Re: 登山道にて   nivalis - 2010/06/27(Sun) 00:43 No.1850

>オサバグサという大変可憐な花で,東北の帝釈山と他には極特定の山に生えているようです。

「オサバグサ祭」があったり、監視人がいるということからも、とても珍しい花だったのですね。オサバグサのお写真見せてくださり、ありがとうございます。帝釈山は群落地なのですね。

>実物をみたのは開花期ではなかったので、改めて、花が開く時期に現地を訪れて「おー、なるほど・・・」と感動した記憶があります.

konpasさんのお写真を拝見して、最初シダに花?と思ってしまいました。
葉の形態はシダに何となく似ていますものね。

>「梅雨入り」したはずなのですが、関東地方はきのこの発生状況が芳しくありません.

これからでしょうかね・・・。
長期の天気予報で北海道は今年は冷夏になる予想だったのですが
6月なのに30度を越す日もあったりで、ホントに冷夏?と思うこの頃です。
夏きのこがそろそろ北海道でも発生してくる頃じゃないかと
思うのですが・・・。





お詫び  投稿者: nivalis 投稿日:2010/06/24(Thu) 10:12 No.1844

20数件のスパム投稿があり削除しましたが
konpasさんの投稿も間違って削除してしまいました。
konpasさん、ごめんなさい!
お手数を掛けてしまいますが
もう一度、投稿してくださいますか?
申し訳ありません。





6月のきのこ  投稿者: nivalis 投稿日:2010/06/20(Sun) 20:50 No.1819

北海道も夏日を迎えている此の頃ですが
皆さんのところは、きのこの出方はいかがでしょうか?

きょう出かけた先(羊蹄山麓)で、一番最初に見つけたきのこがコレ

ツバがあるのでオオシビレタケでしょうかね?

これはヒメツチグリ?っと触ってみると
中心の黒っぽい部分はスカスカ・・・去年の発生したのが
そのまま残っていたようです。
(去年は何度も行ってるのに見つけられなかった)


この時期、いつも見かけるのですが
チャナメとシロナメです。秋にも発生しますが、今時期も発生します。


去年は群生して出ていたフミズキタケですが、今年は数えるほどしか出ていません。今年は遅いのでこれからでしょうか?


6月というと、Mycenaの時期というくらい
色んなMycenaが見られるのですけど、今年はちょっと少ない気がします。
写真はアクニオイタケでしょうかね。


このほかに見かけたきのこは、オツネンタケモドキ、ウラベニガサ、ナヨタケ属のきのこ、スギタケ属のきのこ(2種)、イッポンシメジ属のきのこ(3種)など。昨年出ていたチョレイマイタケ今年は出ず、そういえば毎年見かけているナラタケやヌメリツバタケ、ヌメリスギタケモドキ見かけていません。
私のフィールドで、きのこの出方は少ないです。




Re: 6月のきのこ   レオピー - 2010/06/21(Mon) 23:09 No.1820

こんばんは。

これらもきのこの出方はイマイチな感じで、特にフミズキタケ、ヌメリツバタケは気になっていました。
それと、オオシビレタケですが、3,4年前に初めて見つけてからいたるところで目に入るようになりました。
気候の変化?それとも見つけるポイントがわかったせいかなのか、
何にしても見つけてもあまり嬉しくないきのこですね。

最後にこんなきのこを見つけました。
フキの古くなったものから出ていました。
長さは3〜4cm。とにかく細く糸のようでした。
実は写真を撮っている時は、フキガマホウキタケモドキの貧弱な奴だと思って
撮っていたのですが、写真を見るとあきらかに違いますね。恥ずかしい。(>_<)






山菜ネタです(すいません)  投稿者: あそぼ 投稿日:2010/06/10(Thu) 06:36 No.1809

すいません。
キノコではないのですが、、、よろしくです。
北海道に来てから山菜の宝庫だと実感してきましたが
コシアブラがなかなか見つかりませんでした。

山形から来た知り合いもコシアブラが採れないと言っていたので
もしかしたら、北海道にはコシアブラがないのか?なんて話にもなった矢先、とうとうゲットしたと思っています。
何故確証がないかというと、本州のそれと比べるとスケールが大きすぎる気がします。
蝦夷地はなんでも大型化するのでこれも蝦夷コシアブラか?

もう美味しく食べちゃったからどっちでも良いんですが(笑)
と言うわけで自分ではコシアブラということにしています。
どうでしょうか?

道南の方にはありますか?さんざんあちらこちらに入ってやっと見つけた一本だけの木です。

他に、ボウナもゲットこれは地元の方に旨いよって言われていたのですが正体不明のままだったですが、、ついに、ヨブスマソウであることが分かりゲットしました。





Re: 山菜ネタです(すいません)   ヒラタケ - 2010/06/10(Thu) 17:44 No.1810

あそぼさん、お久しぶりです。

写真のものはコシアブラとはちょっと違うのではないでしょうか。写真は持っていないのですが、コシアブラで画像検索して戴ければいっぱい出て来ると思います。コシアブラはもう少し儚げですよ。それから根本に袴が有ります。美味しく食べたということですが、基本的にタラの芽より香りが濃厚、ウドの芽と似た香り•味です。如何だったでしょうか。

私は山菜•キノコともNivalisさんのご当地をテリトリーにしていますが、コシアブラはたくさんありますよ。増え方はタラの木と同じですので、大体群生しています。




おひさしぶりです   あそぼ - 2010/06/11(Fri) 05:30 No.1811

ヒラタケさん
ありがとうございます。
袴はあるにはあるんです。袴があるものを撮ろうとしたのですが、、2枚目の写真は触ったら何枚かとれてしまいましたが左下にひょろっと一枚。
味はウドにも似ているし、、家では強烈なセリ?とたとえていました。味には爽やかな苦みがありました。
外見はとげのないハリギリです。ただ、ハリギリのぼわっとしている感じより儚げといえば儚げです。遠目ではタラの木に見えて近寄ったらとげはない、葉は手のひら方、ハリギリの特徴とタラの特徴を合わせ持った感じでした。
漆ではないことは葉の形から分かりました。
やはり、道南ではたくさんあるのですね。
冷涼な環境を好むようですが、道北は厳しすぎるのかな〜




Re: 山菜ネタです(すいません)   nivalis - 2010/06/11(Fri) 20:53 No.1812

こんにちは あそぼさん ヒラタケさん

2枚目の写真を見ると、コシアブラかな?とも思えるのですが
1枚目の写真は、どうも見慣れたコシアブラと雰囲気が違い
ヒラタケさんが仰るようにコシアブラとは違うような気もします。
トチの木の幼木に似てなくもない…ですね。
http://homepage2.nifty.com/tnt-lab/nat/tochinoki/tochinoki.htm

>やはり、道南ではたくさんあるのですね。

私の住むあたりは道南というより道央となりますでしょうかね。こちらではトドマツ林内で幼木が群生(?)しているのをよく見かけますね。秋、他の木々とは別な紅葉のしかた(白っぽい薄緑色)になるので目立ち(綺麗です)、広葉樹林に結構大きい木があることがわかります。トドマツ林(或はアカエゾマツ林)に出るのは大きくなれない幼木が多く、採取するのに丈がちょうど良いものばかりです(たぶん鳥が種を運んでいるんじゃないかと思うのですが…)。ハリギリの幼木と混じって出ていることが多いです。道北あたりにもたくさんあるような気がするのですけど、あそぼさんがたくさん生えているのを見た事がないとすれば、道北では少ないのかもしれませんね…。




Re: 山菜ネタです(すいません)   Candycap - 2010/06/13(Sun) 20:51 No.1813

その艶のある5枚葉は、コシアブラで良いんじゃないかと思います。
葉っぱをちぎって、タラやウドのような独特の香りがすれば、間違いないんじゃないでしょうか?

近畿地方には意外と多くて、山歩きをしていると結構見かけます。コシアブラの天ぷらは、我が家ではタラよりも人気があります。また、アサリと一緒に炒めたスパゲティーも、香りが素晴らしくて、我が家では定番の人気料理です。

北海道だと、今が旬なんですね。
もうこちらは破竹が終わりを迎えつつあります。




日本て広かったんですね。   あそぼ - 2010/06/14(Mon) 18:59 No.1814

ニヴァリスさん
道央ですね。わかりました。
北海道の地域、未だに慣れません。
僕から見ると南だからでしょうね。
実を付けるまで観察します。
Candycapさん
ウドの様な独特のすがすがしい香りがしました。
この手の香りと味のある山菜は大好きです。
タラより旨いと思いました。

破竹ですか〜いいですね。
道北では破竹は見ません。
破竹、食いたいな〜。

本州はそろそろ夏型きのこがわんさか出る時季ですね
僕もスイッチを切り替えてキノコのねた、がんばるつもりです。




Re: 山菜ネタです(すいません)   nivalis - 2010/06/15(Tue) 21:41 No.1815

>ウドの様な独特のすがすがしい香りがしました。

1枚目の写真を見ると、葉茎の出方が互い違いになっているように見えて
コシアブラとは違うように見えたのですが、互い違いではなくハカマなんでしょうかね・・・。もし、コシアブラだったとすれば、ゴメンナサイです。

>北海道の地域、未だに慣れません。

私なんぞ、アレッ? 知床は道東だけど襟裳岬って道東だったっけ?と
北海道に生まれ育っているのに・・・定かでありません^^;。

>破竹ですか〜いいですね。
>道北では破竹は見ません。
>破竹、食いたいな〜。

んんん?
破竹って?




Re: 山菜ネタです(すいません)   りょうこ - 2010/06/18(Fri) 01:26 No.1816

お久しぶりです!
ちょっと東北のきのこ図鑑の情報を見たくてお邪魔していました(書評を書いてと頼まれてしまいました(>_<))。
あそぼさんの辺り、フローラ調査に入っていたことがあります。コシアブラ普通にあったはずですよ^^。写真のも、私はコシアブラに見えています。トチノキだと北海道のは自生じゃなかったように思うので、たぶんあそぼさんの辺りでその葉っぱはコシアブラの可能性が高いのではと思います。私は食べたことはまだなかったので山菜取りもいつか誘ってください^^
ということで今年もフィールドご一緒できたらうれしいです。




岬は、、、   あそぼ - 2010/06/19(Sat) 12:47 No.1817

岬はさらに覚えられません。
全然駄目です。

りょうこさん
なんか少し希望と自信が持ててきた気がします。
もっと探してみます。

そして、山菜採り一緒に行きますか〜
でも、ここまで来る途中でいっぱい採れると思いますよ。

もう山菜も終わりですから、また、皆さんでキノコ採りですね。




Re: 山菜ネタです(すいません)   nivalis - 2010/06/20(Sun) 20:18 No.1818

きょう、羊蹄山麓へ行ってきました。
葉の開いたコシアブラがありました。
山菜として採取するコシアブラは葉の開かないものを採取するので
あそぼさんのお写真のものとは
雰囲気が違うかも、と思ったのですが
葉の開いたのを間近に見ると、葉茎が互い違いに伸びてきて
葉っぱも結構広いんですね。
あそぼさんのは、やはりコシアブラっぽいですね。
あそぼさん、今度コシアブラを探すときは
トドマツ林かアカエゾマツ林で探してみてくださーい。





完全に開くと   あそぼ - 2010/06/22(Tue) 19:29 No.1821

こんな感じなんですね。
山菜の本やネットで見ると食べ頃は手のひらのような、、、と言うイメージが先行していましたが、、。

あっ明日にでも開いた葉を見に行こうかな〜





タマチョレイタケでしょうか  投稿者: konpas 投稿日:2010/06/03(Thu) 17:11 No.1800   HomePage

初めまして,タマチョレイタケで検索し,こちらのサイトにたどり着きました。よろしくお願いします。

5月22日に山形県の標高400m付近の登山道で見かけたキノコが,タマチョレイタケではないかと思い,投稿させていただきました。
図鑑で確認したのですが,初めて見るキノコなので自信が持てません。
裏の管孔は触ると脆く壊れる感じでした。地上生でしたが,まさかタマチョレイタケとは思わなかったので,菌核を確認しませんでした。悔やまれます。

写真だけでは判断突きにくいとは思いますが,よろしくお願いいたします。





Re: タマチョレイタケでしょうか   レオピー - 2010/06/03(Thu) 21:45 No.1804

konpasさん

はじめまして。
さて、問題のきのこですが自分自身タマチョレイタケを見たことがないので
なんとも言いづらいのですが、傘の表面の感じ、地上性から自分は間違いないと思います。
自分が見つけたらといつも考えるのですが、菌核を掘り出すか、今後のために
とっとくか、あ〜悩みます。




Re: タマチョレイタケでしょうか   nivalis - 2010/06/03(Thu) 22:22 No.1806

ようこそ konpasさん

>写真だけでは判断突きにくいとは思いますが,

いえいえ、傘の状態・管孔の状態がわかるお写真をありがとうございます。
タマチョレイで良いと思います。

きのこの柄の先を少し掘って固い土の塊のようなのがあれば、それが菌核ですが、菌核はそっとしておきましょう。来年も出て来ます。
菌核を研究するのなら別ですが、土のような塊の菌核を掘り出してしまうと埋め直しても出てきません(経験者は語る- -;).
 これまでひとつの菌核からひとつの子実体しか見たことがないのですが、お写真を拝見すると2個の子実体が出ているようで、珍しいんじゃないでしょうかね。




Re: タマチョレイタケでしょうか   konpas - 2010/06/04(Fri) 08:50 No.1807   HomePage

レオピーさん,nivalisさん,初めまして。

早速のご回答ありがとうございます。このような貴重なキノコに出会えて,今更ながら興奮しています。

>菌核を掘り出すか、今後のためにとっとくか、あ〜悩みます。
>土のような塊の菌核を掘り出してしまうと埋め直しても出てきません

ご教示ありがとうございました。大変参考になりました。珍しいキノコの様なので,来年も再来年も発生してもらいたいので,掘り起こさなく良かったです。来年,再度行ってみたいと思いはじめました。

話は変わりますが,25年程前に私も北海道きのこの会に入会させていただき,札幌きのこの会の立上げに参画させていただいたことを,懐かしく思い出しました。

トガリアミガサタケ置いていきます。
今後ともよろしくお願いします。。





Re: タマチョレイタケでしょうか   nivalis - 2010/06/05(Sat) 22:42 No.1808

>25年程前に私も北海道きのこの会に入会させていただき,札幌きのこの会の立上げに参画させていただいたことを,懐かしく思い出しました。

そうでしたか〜。北海道に住まわれていたのですね。
きのことはその頃からのお付き合いでしたか、、、どおりできのこのどの部分を撮るか心得ていらっしゃると思いました。

>トガリアミガサタケ置いていきます。
>今後ともよろしくお願いします。。

ありがとうございます。
こちらこそ、どうぞ宜しくお願いいたします。





祝!掲載  投稿者: 種山 投稿日:2010/06/02(Wed) 22:50 No.1795

日菌報に無事掲載され、おめでとうございます。
ダイダイフチドリクヌギタケ、白黒写真しか見た事が無いので
カラー写真をお披露目して欲しいな、なんて思ってます。

うにゃうにゃした縁シスチジアの写真も・・・

よろしくです。




Re: 祝!掲載   nivalis - 2010/06/03(Thu) 00:46 No.1796

ありがとうございますぅ。
1月のゼミに参加して下さった方々に別刷りをお渡ししたいと考えていたのですが、別刷りが後なんですね。まだ手元に来ていません。

>カラー写真をお披露目して欲しいな、なんて思ってます。

最初、カラーページにすると十数万かかるらしいと聞いたのと、イッチョ前にカラーにするのも生意気くさくて白黒にしましたが、42,000円ならカラーにすれば良かったかなぁなんて今頃思ってます^ ^;。


>うにゃうにゃした縁シスチジアの写真も・・・

シスチジアはこのようにオレンジ色です。


下の写真は人様に見せられない画像で、ちょっと恥ずかしいですが組織をばらし線画用にペタペタ貼り付けたものです。

下が、KOH封入で色が薄くなってしまいましたが。




すごいですね   あそぼ - 2010/06/03(Thu) 06:41 No.1797

データー、資料作りなどなど大変だったでしょう?
さすがニヴァリスさん、情熱&パワーあるな〜
お疲れ様でした。




おつかれさま・・・♪   イグチ 潔 - 2010/06/03(Thu) 09:37 No.1798

 母が急に亡くなりまして、今年の菌学会大会も、せっかく東京で行われるというのに出席できずじまい、となったイグチです。

 日本新産種の記載作業の対象としては、ホウライタケ属やクヌギタケ属の仲間は、どちらかといえばマニアックなグループのような気がしていますが、その観点からも、nivalis さんの今回のレポートは貴重なものではないでしょうか?

 次は M. pterigena ・・・かな? ^^b


 P.S. 種山さんのレポートにも期待しております♪




早かったですね!   きらら - 2010/06/03(Thu) 10:56 No.1799

ニヴァリス様

1月のゼミからあっという間の掲載!
お疲れ様でした。

>イッチョ前にカラーにするのも生意気くさくて白黒にしましたが、42,000円ならカラーにすれば良かったかなぁなんて今頃思ってます^ ^;。

大丈夫、みなさんこのサイトでちゃんと見られてますから。
しかし、シスチジアの形が面白いですね〜




Re: 祝!掲載   きのこおばさん - 2010/06/03(Thu) 18:07 No.1801

ダイダイフチドリクヌギタケは、Mycena aurantiomarginata ですよね。
日本名がついて、みなさんにお披露目できて、うれしいことですね。

掲載までどのくらい大変な作業をされたのか、想像もつきませんが、イグチさんのおっしゃるとうり、次は、Mycena pterigena の掲載に取り組んでいただきたいものです。

最後になりましたが、おめでとうございます。




Re: 祝!掲載   レオピー - 2010/06/03(Thu) 20:15 No.1802

ニヴァリスさん

おめでとうございます。\(^o^)/
いろいろ大変だったと思いますが、ニヴァリスさんの熱意の結晶ですね。
これからも、ドシドシ出してくださいね。(とても大変だと思うので
ほどほどに。)




Re: 祝!掲載   種山 - 2010/06/03(Thu) 20:15 No.1803

早速、写真をありがとうございます。
ぱっと見、地味な色合いですがひっくりかえすとオレンジの縁取り
ということで、ぜひ見てみたいきのこですね。

シスチジアもぜひ検鏡してみたいグッドなキャラです。

晩秋にトウヒ属林地上に発生とのことですので長野にもありそうです。
もしも見つけたら報告しますが、いつになることやらです。




皆様 ありがとうございます。   nivalis - 2010/06/03(Thu) 22:04 No.1805

 このきのこを見つけ、「変わったきのこを見つけました」と掲示板に出し、イグチさんからM. aurantiomarginataではないかとご教示いただいたのが6年前の2004年でした。普段の文章すら上手くかけない、論文の体裁も分からない、そんな私に気長にかかわって下さった方がいたこと、仕掛け人Aさんの計らい、細矢先生と根田先生が原稿に関わってくださったお陰です。自分ひとりでは到底出来得ないことでした。このきのこを通し皆様からの助けを頂き、本当に恵まれていました。皆様にあらためてお礼申し上げます。

>データー、資料作りなどなど大変だったでしょう? 
>掲載までどのくらい大変な作業をされたのか、想像もつきませんが
>いろいろ大変だったと思いますが、

いえ、大変だったのは私の原稿に関わってくださった先生だと思います。
それと、5年前に「今は書けなくても書けそうなときが必ずやってくる」と励ましてくださった方がいて、その言葉をずっと胸に抱いていました。書けないと諦めたら、そこでオシマイ。書けるまで「諦めない」です(書けたらと思う人たちへの言葉)。

>次は M. pterigena ・・・かな? ^^b
>次は、Mycena pterigena の掲載に取り組んでいただきたいものです。

きのこおばさん、Mycena pterigenaを見つけられたのはきのこおばさんです。レポート作りを一緒にやってみませんか?
やっておきたいEntolomaもあったりと、今回勉強させていただいたことを基に、次も頑張りたいと思います。

>大丈夫、みなさんこのサイトでちゃんと見られてますから。

ありがとうございます〜^ ^.

>晩秋にトウヒ属林地上に発生とのことですので長野にもありそうです。

ぜひ!、イグチが終わった頃(10月頃?)、ふと足元の小さなきのこにも目を向けてみてください。Mycenaも可愛いですよ^ ^。





求む 菌類  投稿者: nivalis 投稿日:2010/05/25(Tue) 10:28 No.1793

大前さんから連絡を頂きました。
皆様のご協力、宜しくお願いいたします!

************************************************************

はじめまして。
鳥取大学大学院農学研究科の大前宗之と申します。
私は現在、地下生菌であるクルミタケ属菌の分類及び生態の研究を行っております。
日本産クルミタケ属の菌類は、現在のところクルミタケ(Hydnotrya tulasnei)
1種のみの報告がありますが、
外生菌根やラン菌根の研究から、日本産クルミタケ属菌には、もっと多くの種類
が存在することが分かっています。

そこで、もしクルミタケ属、及び近縁な属であるシャグマアミガサタケ属(シャグマアミガサタケ、ヒグマアミガサタケなど)や、
Discina属(フクロシトネタケ、オオシトネタケなど)の菌類を発見された場合、
大前にご一報の上(下記のe-mail、携帯電話)、下記宛に発送して頂けると助かります。
また、クルミタケ属の発生場所が中国・近畿地方でありましたら、発生場所にご引率お願いできれば幸いです。
宜しくお願いいたします。

e-mail:trick.dontoko-i(あっとまーく)beach.ocn.ne.jp
Tel:090-3715-4689

宛先
〒680-8553
鳥取県鳥取市湖山町南4丁目101番地
鳥取大学農学部附属菌類きのこ遺伝資源研究センター
前川二太郎先生宛
※品名は「クルミタケ」でお願いいたします。
※着払い、クール宅急便(クロネコヤマト)でお願いいたします。

--------------------------------------------------------
鳥取大学大学院農学研究科
生物生産科学専攻
TEL. 090-3715-4689
HP: http://trick.s201.xrea.com/

大前 宗之
--------------------------------------------------------
**************************************************

クルミタケってどんなきのこ?と思われる方
下のURL(gajinさんのサイト)をご覧ください。
http://gajin.sakura.ne.jp/gazouokiba/Hydnotrya_tulasnei070616_1.htm
http://gajin.sakura.ne.jp/gazouokiba/Hydnotrya_tulasnei070616_2.htm




Re: 求む 菌類   レオピー - 2010/06/01(Tue) 23:37 No.1794

ニヴァリスさん
こんばんは。

クルミタケですが北海道にも発生するんでしょうか?

今年は地下生菌も力を入れようと思っているので・・・。
(かっこいいこと言っていますが、ただトリフを食べたいだけですけどね。)





[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39]

投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(修正キー)を入れると修正・削除ができます。
投稿Noや修正キーの入力ミスがあると拒否されますのでご注意ください。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto -