Since Oct.2015_ 145101
[Home] [きのこメモ] [Q&A] [投稿時のお願い] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

きのこ おしゃべりボード
迷惑投稿対策に投稿キーを設定しました。投稿の際には投稿Noを入力してください。

おなまえ
URL
題  名
先頭画像
コメント
画 像 1
画 像 2
画 像 3
投稿画像の数を変更できます→ (画像の参照はクリアされます)
修正キー (英数字で8文字以内。掲示板下部の欄から修正キーを使い修正・削除ができます。)
文字色
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
1.何類でしょうか?   石垣島のきのこ   2017年 年末挨拶です   サルノコシカケ   青森県産きのこ図鑑の紹介   ??タケ   Bisporella
2.ホコリヤグラタケ   キンカクイチメガサ?   ドングリとイガグリからきのこ   アカヤマドリについて   胞子の形状   きのこ   多角菌組織?
3.クヌギタケと思ったのですが   顕微鏡   教えてください。   年末挨拶です   教えてください。   ヤマドリタケについて   ヒョウモンクロシメジ?
 新着の期間  [全ページの表示]  [目次OFF]  [新着一覧

ヒメキシメジ  投稿者: 黒川です 投稿日:2009/03/12(Thu) 17:47 No.1302

イグチさまへ
新潟県産のヒメキシメジです。2007年9月16日にH屋氏が見つけられたものですが、事情があって生のものを私がいただいて帰りました。遅くなりましたがお知らせいたします。




Re: ヒメキシメジ   nivalis - 2009/03/13(Fri) 06:50 No.1303

黒川 様

「お知らせ」のイグチさんの指名手配をご覧になり、投稿くださりありがとうございます。

『日本では、Callistosporium luteoolivaceum の学名が当てられていますが、日本産のヒメキシメジはかさがまったくオリーブ色を帯びない点で、この学名の菌とは異なるものではないかと考えています。
 実は、真の C. luteoolivaceum とおぼしき菌も、日本に分布しているようで、かさは暗い帯オリーブ黄褐色を呈し、主にヒノキ・サワラ・スギなどの、枯れた根に発生するものらしいです。
 上記のような樹林で、地上から生えているように見える、緑色っぽい小型菌(かさは粘性を欠き、ひだは鈍い黄褐色【胞子紋は白色】、柄はかさより淡色で、基部には白色・綿状の菌糸がしばしば存在する)が採集されたら、ぜひご一報ください。』

とイグチさんが記述されていますが、黒川さんが撮られたお写真を拝見すると
真のCallistosporium luteoolivaceum って感じがしますね。
 イグチさんからコメントがあると良いですね。




Re: ヒメキシメジ   黒川です - 2009/03/16(Mon) 20:44 No.1304

nivalisさまへ
 昨日イグチ様にお会いすることができ、写真のきのこがCallistosporium luteoolivaceumであることを教えていただきました。
 次は、まったくオリーブ色を帯びないヒメキシメジを見つけて比べてみたいと思っています。ありがとうございました。




Re: ヒメキシメジ   nivalis - 2009/03/17(Tue) 09:52 No.1305

>昨日イグチ様にお会いすることができ

了解いたしました。直接お話を伺えたようで良かったですね^ ^.





まとめ  投稿者: nivalis 投稿日:2009/03/06(Fri) 00:13 No.1297

CandycapさんのPhotoRulerで線を引くということに始まり
「胞子の計り方」について、私はあらためてわかったことばかりで随分勉強になりました。皆様ありがとうございました。

ほじくるとまだまだ論議がありそうにも思えるのですが
これまでのことをまとめると
(1)突起部分は計測に入れない
(2)楕円形や紡錘形の胞子について、計測は直交で長さ幅を計る
(3)コブ状や多角形、ワッペン形の胞子は長い辺を縦、短い辺を横として長方形枠に収め辺を計測する。計測の仕方については記載表記しておいたほうが良い。

になりますでしょうか。
今後は注意しながら計測していきたいと思います。




Re: まとめ   Candycap - 2009/03/06(Fri) 00:33 No.1298   HomePage

遅ればせながら、直交で測定するモード、長方形で測定するモードを加えたPhotoRuler Ver.0.3.0を皆さまにお送りしました。

所望の測定に使えそうかどうか、またご教授下さい。
よろしくお願いいたします。




Re: まとめ   nivalis - 2009/03/06(Fri) 09:45 No.1299

candycapさん、新しいバージョンのPhotoRuler、ありがとうございます。
下の画像は使うべきでないとお叱りを受けそうですが
計測具合を確かめるのに試してみました。
[画像移動=1]
長方形で測定するモードは、長さはここだと見極めることに慣れが必要かと思いましたが、枠を作るだけで縦の辺と横の辺が自動で測定されているので非常に便利です。

前にgajinさんが、手放せないツールだと仰っていましたが
私もホントにそう思います。
今頃になってお聞きするのも何なのですが、フリーで使わせていただいて良いのでしょうか?

PhotoRulerの申し込みは、candycapさんのHPからメールが出来ますが
あらためて連絡先を記します。
candycapcookie@@gmail.com
(@アットマークを1個削除してください)




Re: まとめ   Candycap - 2009/03/06(Fri) 12:21 No.1300   HomePage

nivalisさん、

早速の使用レポートありがとうございます。

これまでこぶ状のアセタケ胞子サイズの測り方には不安を覚えていたのですが、皆さんのご教授のおかげで指針が見えてきたように思います。
ありがとうございます。

しっかし、胞子の測定法一つでもこんなに奥が深いとは・・・(@_@)

> 長方形で測定するモードは、長さはここだと見極めることに慣れが必要かと思いました

はい、そこが簡易版たる所以です。長方形をマウスの操作で自由に回転・変形させられれば良いのでしょうが、それ自体は可能でも、それだけのパラメータをユーザーが簡便に指定できるようにするインターフェースのデザインが難しいんです。自由度を増やせばそれだけ逆に操作の手間も掛かってしまう可能性が高いんですね。ですから、必要十分な自由度で、なるだけ操作を簡単にと悩みました。で、問題は今の自由度が必要十分か?という点なんですが、やはりちょっと長軸の決定のさせ方が難しいですよね。

で、実はもう少し改良のアイデアがありまして、それの試作もできましたら、皆さんにお送りしたいと思います。

>前にgajinさんが、手放せないツールだと仰っていましたが
>私もホントにそう思います。

そんなに褒められると、木に登ってしまいそうです・・・

>今頃になってお聞きするのも何なのですが、フリーで使わせていただいて良いのでしょうか?

では、ここだけのポッキリ特別価格の壱万円で!

冗談です。
この程度のツールにお金を取るなんて、その方面で飯を食ってる者としてプライドが許しません・・・(これも冗談ですが・・・)

そもそも自分が使うためでもありますし、それが少しでも多くの皆さんのお役に立てればそれだけで十分です。開発ツールも無料ですし、開発原資はゼロですからご心配なく。




Re: まとめ   nivalis - 2009/03/07(Sat) 10:24 No.1301

>しっかし、胞子の測定法一つでもこんなに奥が深いとは・・・(@_@)

確かに・・・。

>で、問題は今の自由度が必要十分か?

長さを垂直に持ってくるよう或いは真横に、ひとつひとつの胞子(画像)を回転させる手間を考えたら、慣れが必要としてもダイレクトにPhotoRulerで計測できる利点ははるかに大きいと思います。自由度が高く難しい操作になると、私なんかは難しい〜TへTと使えないと思います。

>そんなに褒められると、木に登ってしまいそうです・・・

いえホントに、こんなに簡単に胞子を計ることが実際に出来るなんて誰が思ったでしょう・・・です!

>そもそも自分が使うためでもありますし、それが少しでも多くの皆さんのお役に立てればそれだけで十分です。

ありがとうございます。お言葉に甘えて使わせていただきます^^。





Entolomaの胞子のはかり方  投稿者: 小林久泰 投稿日:2009/03/02(Mon) 22:49 No.1279

皆様,

夜分突然に失礼します。
小林と申します。
初めての皆様,初めまして。
(変な挨拶ですね)
存じ上げている皆様にもご無沙汰しております。

Entolomaの胞子のはかり方について,
話題が出てますよー,と言われて出て参りました。
案外ご存じない方が多いのですが,
Entolomaの胞子の縦横の測定場所は決まっています。
画像をアップしますので,ご確認ください。

担子器とくっついていたところを斜め下にして,
長い辺を縦,短い辺を横とします。
この図はNoordeloos ME 1992 Entoloma s.l. Fungi Europaei Vol.5
より転載しました。

皆様の今後の参考にしていただけましたら幸いです。




Re: Entolomaの胞子のはかり方   イグチ 潔 - 2009/03/03(Tue) 00:38 No.1280

 >担子柄についていた突起部は含めず測定
できれば突起部は別で計測と書かれていました。

 線対称な形態(楕円形・紡錘形など)なら、計測軸は「直交する二方向」で測ることになります.

 >担子器とくっついていたところを斜め下にして,
長い辺を縦,短い辺を横とします。

 線対称でない形態の胞子(多角形のイッポンシメジ属・こぶにおおわれた多くのアセタケ属菌・ワッペン形のクロヒメオニタケなど)は,小林さんが示されたような形で計測するべきだとされています.




Re: Entolomaの胞子のはかり方   種山 - 2009/03/03(Tue) 09:29 No.1281

小林様
大山では大変お世話になりました。
イグチさんもでていらしたので、ひとつ確認を。

Boletusの胞子ですが今まで自分で判断して計測していたので
それが正しいのか見ていただきたいのですがどうでしょうか。




Re: Entolomaの胞子のはかり方   Candycap - 2009/03/03(Tue) 12:07 No.1283   HomePage

小林さま、はじめまして。兵庫のCandycapと申します。
イグチ先生、どうもご無沙汰しています。

>線対称でない形態の胞子(多角形のイッポンシメジ属・こぶにおおわれた多くのアセタケ属菌・ワッペン形のクロヒメオニタケなど)は,小林さんが示されたような形で計測するべきだとされています.

なるほど・・・ということは測定ソフトも、今の2本の線で測る形式の他に、長方形で測る形式があると便利そうですね。ただ、傾いている胞子に、この長方形の傾きをどう合わせるのか?4つの接点だけでは決まりませんので、4点を接点に持つ長方形を回転させて合わせる必要がありそうです。これはかなりの難問です。

簡易版としては、最初に引いた長軸の傾きを長方形の傾きとして、横辺が直交するような長方形を短軸の始点から描いて、その横辺の長さを幅とする事でいけそうです・・・って書いてはみたものの、文章じゃ分らないですよね。まずは、試作してみます。

他に、もっと良いアイデアがありましたら是非教えてください。




Re: Entolomaの胞子のはかり方   nivalis - 2009/03/03(Tue) 14:27 No.1284

小林さん イグチさん
ありがとうございます!!
図解があってよくわかりました。

Entolomaの胞子の計り方は、これまでずっと間違った計測でやってきました。
Entolomaばかりじゃなくどの胞子も突起部を入れるもんだと思っていたことや直交じゃなかったので、すべて1からやり直しです。
下の画像は、元画像を回転させて、突起部を斜め下に持ってくるようにしました。計測の仕方が違っていたというのは驚きでしたが、その胞子の形によって縦と横が変わるというのはもっと大きな驚きでした。
 目からウロコというのでしょうか、教えてくださり感謝いたします。
[画像移動=1]
 Entolomaは計り方に慣れなければ、直交になるような目測はとても難しいですね。

-------------

>4点を接点に持つ長方形を回転させて合わせる必要がありそうです。これはかなりの難問です。

画像を回転しながら画像を作りなおしてみて、自由に伸縮回転する長方形枠があったらどんなに楽だろうと思いましたが・・・難問だったのですね・・・。
ソフトでどんなことが出来るのか、そもそも分かってないので
知恵やアイデアを出せず、すみません。




Re: Entolomaの胞子のはかり方   きらら - 2009/03/03(Tue) 18:35 No.1286

Candycapさん、

>簡易版としては、最初に引いた長軸の傾きを長方形の傾きとして、横辺が直交するような長方形を短軸の始点から描いて、その横辺の長さを幅とする事でいけそうです・・・って書いてはみたものの、

実はマウスを持ちながら三角定規を液晶にあててやっていました。どんどん進化しそうですね。楽しみにしています。

nivalisさん、

>Entolomaは計り方に慣れなければ、直交になるような目測はとても難しいですね。

測りやすいように横を向いてくれているのばかりじゃないし、どの焦点でシャッターを切るかも悩みますよね。
それに、Entolomaやこぶのあるアセタケの胞子とかは縦×横だけでいいのかなとかも・・・




Re: Entolomaの胞子のはかり方   nivalis - 2009/03/03(Tue) 18:56 No.1287

>どの焦点でシャッターを切るかも悩みますよね。

そうですよね。
Candycapさんのお陰で縦と横を容易に計れ、100個や200個もなんのそのになったのですが、担子柄にくっついていた突起(これって名称があるんでしょうか?)が見えて、かつ胞子の輪郭の線も明瞭となると、深度が違うために100個の計測用胞子を写し出すことが結構大変かもしれないと思っています。
 ちゃんと子実体からカバーグラスに胞子を落として撮れば何てことないと思うのですが、乾燥標本のヒダをKOHでゆすぐように胞子を落として撮っているので胞子の数が少ないです。そんなときは組織にくっついる胞子を撮るのが手かもしれませんね。




Re: Entolomaの胞子のはかり方   小林久泰 - 2009/03/03(Tue) 23:27 No.1288

皆様
レスが一杯ついていてびっくりしました。

種山様
突起が尖っていないのが気になりますが,
(胞子が向こうの方を向いている?)
種類によっては突起がシャープに尖って見えないものもありますし,
良いと思います。
個人的には,胞子の大きさを測る前に
封入液で転がる胞子の動きを見ながら,
胞子の立体像をイメージして,
突起の位置を基準に縦横をはかれるものを
選ぶようにしています。

nivalis様
突起の部分は英語ではapiculus,日本語ではくちばし状突起と言います。
菌学用語集という菌学会が編集した本に載っています。
参考まで。




Re: Entolomaの胞子のはかり方   gajin - 2009/03/03(Tue) 23:42 No.1289

ニヴァリスさんのEntolomaの胞子サイズ測定の画像を見て何か釈然としない思いがしております。例えば、いちばん左上のものなど本当にこの胞子のサイズを現わしているとはとても思えないのです・・。
上から1段目の左から3番目(以後「1-3」と書きます)などは、小林さんにご教示いただいた測定方法に大体合致しているように思うのですが、1-1、1-2、2-3、3-1、3-2などは、やはり測定すべき角度がかなりずれているのではないかと思えます。

> 担子器とくっついていたところを斜め下にして,

とあるため、突起部分を無理に四角の左下角に当ててしまっているせいで角度が斜めになりすぎているのではないでしょうか?

> 長い辺を縦,短い辺を横とします。

と、ありますので、やはり胞子は長い方向を垂直に立てて測定すべきなのではないかと私は思うのですが、いかがでしょうか?




Re: Entolomaの胞子のはかり方   イグチ 潔 - 2009/03/04(Wed) 00:24 No.1290

   >それが正しいのか見ていただきたいのですがどうでしょうか。

 イグチ類の担子胞子は,一側に胞子盤状の偏圧部位があることが多く,完全な線対称形ではありませんが,私は担子突起(apiculus)の下端から担子胞子の他端(種山さんの図においては,右上より左下)を計測して「長径」とし,これと直交する長さのうちで最も大きいものを「短径」として扱っております.

    >突起の部分は英語ではapiculus,日本語ではくちばし状突起と言います。

 日本語の古い文献では,「嘴状突起」をクランプコネクションの意味で用いているものが数多くあります.
 一方,「apiculus(複数形は apicula)」は,担子菌類の記載においては「担子胞子と担子器との接続部」の意で使われ,子嚢菌類の記載では「子嚢胞子の外面に生じる顕著な突起物(フクロシトネタケなどやタケリタケ属,あるいは多くの海生子嚢菌類)」の意で使用されたりしています.
 さらに,後者(子嚢菌類の記載)の意味では「付属体」という日本語も使われています.専門用語については,世界的な統一をするべきだと思っています.

 私は,「担子器の上に生じ,その先端に胞子を着ける角状部分」を指して「担子小柄」と呼び,この突起(一本の担子器あたり2〜4本)の頂端と担子胞子とを接続する部分を指して「担子突起」と称しております.

  >胞子サイズ測定の画像を見て何か釈然としない思いがしております。

 イッポンシメジ類の分類の大御所の説明も,やはり完璧とはいえないようですね.これは,計測したおりに,「どのようなライン取りで計測したか」を記録しておくしかないかもしれません^^;




Re: Entolomaの胞子のはかり方   nivalis - 2009/03/04(Wed) 12:32 No.1292

>突起の部分は英語ではapiculus,日本語ではくちばし状突起と言います。

小林さん、ありがとうございます。
Discina属などの突起の名称と同じなんですね。

>担子菌類の記載においては「担子胞子と担子器との接続部」の意で使われ,子嚢菌類の記載では「子嚢胞子の外面に生じる顕著な突起物(フクロシトネタケなどやタケリタケ属,あるいは多くの海生子嚢菌類)」の意

イグチさん、ありがとうございます。色々なところで使われているのですね。

-----------
>胞子サイズ測定の画像を見て何か釈然としない思いがしております。

>> 担子器とくっついていたところを斜め下にして,

>とあるため、突起部分を無理に四角の左下角に当ててしまっているせいで角度が斜めになりすぎているのではないでしょうか?

 gajinさん、仰っている意味よくわかります。必ず斜め下にしなければならないのだろうかと疑問に思いながら無理に斜め下にしました。マウントされた中で転がる胞子を見ると、嘴状突起の位置は斜め下になることもあり、写真の撮り方では斜め(下)ではなくて中央(下)に来ることもあり、ちょっとしたタイミングで位置が異なることがありますよね。
 1284の写真は1-1、1-2、2-3、3-1、3-2だけではなく、目測による長さ・幅は全て違っています。
[画像移動=4]
下の写真は、過去に撮っていたEntolomaの胞子画像です。その中の例えば1なら計測に何ら問題がないことも分かります。
[画像移動=1][画像移動=2]
ところが2の胞子は上中央部に嘴状突起のあることが分かり、これを斜め下にもってくると、枠の長方形の縦横は随分違ってきます。
[画像移動=3]
たまたま、胞子の転がるタイミングで嘴状突起位置が違っていることを考えれば、計測時、無理に嘴状突起を斜め下に持ってこなければならないだろうか・・・ですよね。
それと、気になったことのひとつとしてNo1284の胞子はPouzarella亜属のきのこです。このNo1292の胞子はLeptonia亜属のきのこで、種によって嘴状突起のつく位置(胞子の特性)もあるのではないか・・・そんなことを思わされています。

このあたり、小林さんのご意見を伺えたら嬉しいです。




Re: Entolomaの胞子のはかり方   種山 - 2009/03/04(Wed) 16:54 No.1293

小林さん、イグチさん、回答ありがとうございました。

今まで、担子突起が見えない方向を向いている物も
一律に測定してきたので、担子突起がどこに見えるか考えながら
やっていきたいです。




Re: Entolomaの胞子のはかり方   gajin - 2009/03/04(Wed) 22:19 No.1294

ニヴァリスさんの再度のアップ画像を見て自分なりに確信を持つことができました。
すなわち、我々が胞子のサイズを測定しようとする行為とは、我々が認識している胞子の"形態"から縦横二つの数字をとりだして客観的に記録しようとする行為に他なりません。
なんのこっちゃ・・という感じですが、つまり我々人間がその"形態"を記録しようとしているということが重要なところであって、後からその記録を見たときに、おおよその形態がそれらの数字から想像できるのが理想なのではないかと思うのです。
少しでも細長い形状の胞子であれば、やはりその長さと巾を記録するというのが我々の感覚に合致した測定方法だと思います。
従って、上記画像にあるような測定方法をとるならば、やはり胞子は長い方向に垂直に立てて(もちろん水平でも構いませんが)計測すべきであると思います。
クロヒメオニタケのワッペン型胞子のようにどちらが長辺なのか分からないような形態の胞子もたくさんあると思いますが、基本はやはり長辺と短辺だと思います。

次に、Entolomaの場合の担子突起の位置についてですが、「斜め下にして」とあるのは、胞子を見る方向(方角)を定義しているだけのものであって、これは「斜め上」であっても全くOKなわけです。あるいは担子突起が中心に付いている胞子(そんなものが実際にあるのかどうか知りませんが)であれば真下や真上であってもOKということになりますね。すなわち、担子突起が真横に見える方角から測定しましょうと先人が定義してくれているわけです。従って、その定義を踏襲していくのであれば、ニヴァリスさんの2番の胞子のように担子突起を正面又は真向かいに見ているような画像を測定してはいけないのです。

そんなことを考えていました。違うかもわかりませんが・・。(^^;




Re: Entolomaの胞子のはかり方   小林久泰 - 2009/03/04(Wed) 22:52 No.1295

イグチ様

ご指摘ごもっともです。
「決まっている」という言葉を使ったのは間違いだったと思います。
お詫びして訂正します。

私がご紹介したのはあくまでも,
Noodeloosという人がEntolomaのモノグラフを書く時に
自分はこう測定した,と表明したやり方であって,
それはあくまでも1測定法に他なりません。
記述された内容が人にフォローできること

(つまり,他の人が胞子の大きさを同じように測れ,
その大きさの特徴を共通認識として持てること)

が重要です。

このためには皆様が自分が見ているものは,こういう形状なので,
ここの部分を縦として,ここの部分を横とする,
と表明することが重要で,
逆に表明して使えば,どんな縦横でも利用可能と思います。

Noordeloosはこのやり方で,
いろいろなEntolomaを記載していますので,
従っておくと,比較検討が容易かな,
と考えています。正直申し上げて,
イグチ類の胞子の計測についてはよく知らないのですが,
もし書いてあれば,
同定の参考にしているモノグラフなどの測定法に準じて測定しないと,
そのモノグラフとの比較検証が困難であると思われます。

Gajin様,Nivalis様

言葉遣いが悪かったをお詫びします。
正確に言いますと,
突起が斜め下にあるような胞子を選んで測定しています。
突起の部分を無理矢理斜め下に持ってくるように,
画面に映るすべての胞子で縦横を設定して,
その大きさを計測しておりません。
Nivalis様の画像で言いますと,
自分でとった訳ではないので何なのですが,
1,2ともはからないかな,と思います。
なぜなら突起の部分が同一平面になく,
ピントがぼけているからです。

私は顕微鏡で見ながら,
少なくとも突起がNoordeloosの模式図の位置で,
きりっと見えるようなものを選んで,
ミクロメーターではかります。
自分がこれ,と思えるものを視野の真ん中に持っていって,
必要数測定していますので,
時間はかかりますが,必要数は確実にそろいます。

けれども,まず画像をとって,
画像解析で,となると大変そうですね。
自分はあまり電子機器に明るくありませんが,
ビデオで転がる様子を撮って,良いところで一時停止をし,
画像解析するくらいしないといけないかもしれません。

皆様のご健闘をお祈りします。




Re: Entolomaの胞子のはかり方   nivalis - 2009/03/05(Thu) 03:06 No.1296

>ニヴァリスさんの2番の胞子のように担子突起を正面又は真向かいに見ているような画像を測定してはいけないのです。

 はい(^ ^)、怪しいのは測定しないのが1番だよなと思いながら例えとして出しました。

>あるいは担子突起が中心に付いている胞子(そんなものが実際にあるのかどうか知りませんが)であれば真下や真上であってもOKということになりますね。

 一部のPouzarella亜属しか見ていないので間違いかもしれませんが、この亜属は中心線か中心線近くに突起があるものが多いような気がしています。ですから、この種の場合突起を斜めに持ってくると、どうしても全体が斜めになってしまいます。他の亜属の胞子は、小林さんが教えてくださったNoordeloos の計測方法でよいように思うのですが、種によって中心線か中心線近くに突起がある場合、突起を上か下に計測方法を変えたほうが良いのではないかと思っています。

----
>言葉遣いが悪かったをお詫びします。

いえ、返ってご教示くださっているのに、ああではないかこうではないかと、どうかお許しください。
 図はどこに載っているのだろうと見てみましたが、ちゃんとP17の一番上に載っていたのですね。そのページは何度もみているはずなのに、胞子の形態図の方しか見ていませんでした。その図を見ながら、小林さんの仰るように、Noordeloosは「自分はこう測定した,と表明したやり方、」の表記が明らかにされていると思いました。
 gajinさんにも言われましたが、私は「突起を斜め下」そのことにとらわれ、すべてをその枠に押し込めてしまい、誤解してしまったことをお詫び申し上げます。小林さんからご意見をいただきまして、Entolomaの場合特に「自分はこう測定した」の表明が重要であることを認識させていただきました。また、照合する場合に表記されている同様の測定方法が大切なのだということもわかりました。ありがとうございます。

>少なくとも突起がNoordeloosの模式図の位置で,
>きりっと見えるようなものを選んで,

一般のアマチュアが使う光学顕微鏡では、突起も全体の輪郭も明瞭に撮ると言うのは深度が違うために、難しいものがあります。けれど何とかそのように撮れるよう、きりっと見えるものを計測していけるよう精進したいと思います。
 このたびは、本当にありがとうございました。今後共色々お尋ねすることもあると思いますが、どうぞ宜しくお願いいたします。





計測方法について  投稿者: 小山 明人 投稿日:2009/03/01(Sun) 09:08 No.1272

 ニバリスさん、Candycap さん、皆さん、胞子の計測がこんふうにできるなんてすばらしいですね。私もそのうち使わせていただきたいと思います。
 さて、胞子の計測方法みてちょと気になったことが。No.1268でXY軸を引いていますが、XYを直角にとらなくてよいのかなと。でも考えてみれば。今まで目視で計測していた時は直角を気にせず計測していましたからニバリスさんと同じことをやっていました。また、イッポンシメジの多角形やアセタケのコブ状を考えると気にしなくてよいのかなと。たぶん気にしなくてよいのでしょうね。
[修正いたしました^ ^]




Re: 計測方法について   小山 明人 - 2009/03/01(Sun) 09:18 No.1273

最後の種山さん・・・の文の削除を忘れました。修正キーの使い方がわからず、申し訳ありません。




Re: 計測方法について   種山 - 2009/03/01(Sun) 12:09 No.1275

私はイグチがメインなので縦と横がはっきりしていて楽なのですが
イッポンシメジの多角形などどこをもって縦と横とするのか悩みそうですね。

それと教えていただいたエクセルでの標準偏差の算出ですが
N-1の関数がありました。

今月の例会に行きますのでよろしくお願いいたします。




Re: 計測方法について   nivalis - 2009/03/01(Sun) 21:32 No.1276

>XYを直角にとらなくてよいのかなと。

実は、私も気になったりしています。計測方法については誰かに聞いたことも無く、長さは一番長いところ、幅は一番太いところと自分勝手に解釈していました。正確な計測方法というのがありましたら知りたいと思うのですが・・・。
線を引くポイントで若干の長さも変わってくるわけで、どう違うのかなって3個だけですけどちょこっと見てみました。
[画像移動=1]
0.1μm程度の誤差なら許容範囲に入るのではないかとも考えるのですが
どんなものなのでしょうね?

>イッポンシメジの多角形などどこをもって縦と横とするのか悩みそうですね。

私は、これまでこんな感じ↓で計っていましたけど、担子柄についていたところから縦(長さ)と判断していました。
[画像移動=2]
はて、それが正しいのかと言われると自信はありません。
正しい計測の仕方というマニュアルってあるのかな?




Re: 計測方法について   種山 - 2009/03/02(Mon) 18:32 No.1278

そういえば2000年ころの菌類懇話会ゼミの資料には
担子柄についていた突起部は含めず測定
できれば突起部は別で計測と書かれていました。

あまり直角からはなれていると、
縦横比がおかしなことになりそうな気もします。
縦横比を重視するのであれば直角が正解でしょうか・・

今度聞いてみます。





PhotoRuler  投稿者: nivalis 投稿日:2009/02/26(Thu) 13:20 No.1256

スレッドが長くなってきたので新しいスレッドにします。

早速Candycapさんからソフトを送っていただきました。
Candycapさん、ありがとうございます。
使ってみての感想、いやこれはメチャ使いやすいです、楽です。
[画像移動=1][画像移動=2]
クリックひとつで数値が自動記録されていくので、数値を打ち込む必要が無いし、長さ・幅・長さ・幅と順に計って、間違って長さ・幅・幅にしてしまった場合も間違った数値を選択してRemoveをクリックすると削除できるし、コピーをクリックすればエクセルにそのまま貼り付けできるし・・・
これは顕微鏡観察する人にとってかなりの朗報だと思います。
考え出してくださったCandycapさんに感謝です!

>そうした設定も、ファイルに書き出し・読み出しが出来るようにしたいと思っています。

うわぁ・・・進化しそうですね。楽しみにしています。




Re: PhotoRuler   Candycap - 2009/02/26(Thu) 14:55 No.1257   HomePage

nivalisさん、

ちゃんと動いたようで、ホっとしました。
気に入っていただけたようでとても嬉しいです。

> 間違って長さ・幅・幅にしてしまった場合も間違った数値を選択してRemoveをクリックすると削除できるし

もっと簡単に直前の入力を消すには、Escキーを押してみてください。
左手をEscキーにおいて、右手でマウスを動かしながら、どんどん測定して行って、ちょっとクリック位置がずれちゃったなと思うとEscキーを押してやり直すという操作をすると、さらに効率が良いと思います。

また、もっとこう出来たらといったアイデアなどがありましたら、教えてくださいね。




Re: PhotoRuler   種山 - 2009/02/26(Thu) 21:11 No.1258

Candycapさん

ありがとうございました。
私のほうでも無事動作しております。

ただ、私の場合画面は1280X800のノートPCで写真は3504X2336の大きさで結構拡大して撮影しており12ミクロンほどの胞子がPhotoRulerのウィンドウ内に表示しきれず、はみ出してしまいます。

そこで、任意の拡大縮小率で表示できるようにでき、さらに例えばスペースバーを押しながらドラッグで画面の表示を移動できれば最高だと思います。

現時点では測定前にすべての画像をリサイズする必要がありそうです。
これで環境が整えば、胞子のサンプル数100以上でも楽々作業できそうです。
理想のツールが手に入り嬉しく思っています。

ニヴァリスさん

胞子の輪郭が拡大してみるとぼけて見えるのは仕方ないのではないでしょうか。私の写真も似たような物です。測定前にコントラストを上げ、アンシャープマスクで輪郭をはっきりさせるのがいいのかもしれません。

それと、私も最近教えてもらったのですが、標準偏差の算出はエクセルで簡単にできます。用意されている関数を使うだけです。N-1の関数もありました。




Re: PhotoRuler   種山 - 2009/02/26(Thu) 21:34 No.1259

すみません訂正です。

矢印キーで拡大縮小できると書かれていたのを見落としていました・・・




Re: PhotoRuler   nivalis - 2009/02/26(Thu) 22:42 No.1260

>もっと簡単に直前の入力を消すには、Escキーを押してみてください。

なるほどぉー!、ありがとうございます。

>胞子のサンプル数100以上でも楽々作業できそうです。

15個の胞子の計測、2分もかからなかったんですよ。私も100個以上の計測もこのソフトがあれば楽々出来ると思いました。

>標準偏差の算出はエクセルで簡単にできます。用意されている関数を使うだけです。

ありがとうございます。エクセルで、統計を選択しさらにSTDEVPを選択するらしいというところまではわかるのですが、その先がわかりません。今度お会いしたときに教えてください。宜しくお願いいたします。

>胞子の輪郭が拡大してみるとぼけて見えるのは仕方ないのではないでしょうか。

円形スケールをDLし使わせていただきました。ありがとうございます。
輪郭の線も拡大されるのですから仕方ないように思うのですが、そうとばかり言い切れないものを感じています。
 「自分で作り出す」・・・種山さんや Candycapさんの発想の豊かさには感服です。




Re: PhotoRuler   Candycap - 2009/02/26(Thu) 23:19 No.1261   HomePage

種山さん、
ソフトの評価にご参加頂き、ありがとうございます。

>そこで、任意の拡大縮小率で表示できるようにでき、さらに例えばスペースバーを押しながらドラッグで画面の表示を移動できれば最高だと思います。

拡大縮小については気付いていただけたようですので省略して・・・
画面がスクロールバーで移動出来るのはご存じの上で、マウスを使っても画面を移動出来れば良いというお話ですよね。

はい、次期バージョンでは取り入れさせていただきます。

それ以外の予定している機能アップは、以下の通りです。

1.線の色を指定の色に変えられる。
2.線の表示が、今は毎回消えますが、それを残すかどうか選べる。(残しておくと、すでに測定したかどうかが一目瞭然で分ると思いました。
3.設定をファイルにSave/Loadが出来るようにする

すでに1と2は動作しています。
他に、こうしたらもっと良いという点がありましたら、どうかお知らせ下さい。

あと、拡大縮小して測定したあと、別の画像に変更すると測定値が狂うかも知れない不具合を見つけました。等倍に戻してから別の画像に変えた場合は、大丈夫のようですので、次のバージョンが出来るまでは、そのようにして使ってください。
よろしくお願いします。




Re: PhotoRuler   gajin - 2009/02/26(Thu) 23:40 No.1262

私も使わせていただきました。
いやあ、これはほんとにすばらしいですねえ!
いちいち入力しなくて良いので、作業がとても楽ちんです!
どんどん作業がはかどりますねえ。これだと100や200でも全く苦にならない感じです。いや、もっとどんどん次から次と計測したくなって困ります・・。(^^;

私はいつもPhotoShopの「ものさしツール」で計測しているのですが、計測するときのマークとかもそっくりで、何の違和感も無く使えました。
今までやっていた方法とどれぐらい差が出るものなのか、Bovistaの胞子画像を10個ばかり計測して比較してみました。(左側のPhotoShopの欄が従来の方法で測定したものです。)
結果として、PhotoRulerの方がやや大きめのサイズとなっていますが、これは最初のスケールの測定誤差ではないかと思われます。

結論として、これはもう後戻りは出来ない!
1回使うと手放せないツールだと思いました。

Candycapさん、どうもありがとうございました。




Re: PhotoRuler   Candycap - 2009/02/27(Fri) 00:46 No.1263   HomePage

gajinさん、評価にご協力頂きありがとうございます。
また、気に入って頂けたようですごく嬉しいです。

>私はいつもPhotoShopの「ものさしツール」で計測しているのですが、計測するときのマークとかもそっくりで、何の違和感も無く使えました。

私はPhotoShopは Elementしか持っていないので、そんなツールがあるとは知りませんでした。使い勝手が似てるということは、自分のデザインの方向性がまんざら間違っていないという事ですので、とても嬉しいです。

次期バージョンが出来次第、また皆さんにはメールにて送らせていただきます。その節はまたよろしくお願いいたします。




Re: PhotoRuler   nivalis - 2009/02/27(Fri) 16:46 No.1264

>他に、こうしたらもっと良いという点がありましたら、どうかお知らせ下さい。


計測済みがわかるように線が残っていると良いなぁと私も思っていました。それと何個計測したのか、それがわかると便利かなと思いました。いくつ計測したかはエクセルにコピーすればわかることなのですが・・・。

>次期バージョンが出来次第、また皆さんにはメールにて送らせていただきます。

ホントにありがとうございます。宜しくお願いいたします。




Re: PhotoRuler   きらら - 2009/02/27(Fri) 21:25 No.1265

nivalisさん、
お久しぶりです!
すっかりご無沙汰してすみませんでした。
2年くらいかかりきりに(キノコ関連ではありますが)なっていたことがようやく今月一段落というところに漕ぎつけました。
もう浦島花子状態ですが、これからまたよろしくお願いいたします。

種山さん、
コンキン館ではお世話になりました。
また例会ご一緒しましょう。

Candycapさん、
ご連絡くださり、ありがとうございました。
話題に乗り遅れるところでした。
バージョンアップも楽しみにしています。




Re: PhotoRuler   nivalis - 2009/02/27(Fri) 22:20 No.1266

わぁっ きららさん♪
お久しぶりです!

>これからまたよろしくお願いいたします。

メッチャ嬉しいです!
どうぞ宜しくお願いいたしますm(⌒▽⌒)m。




新バージョン   Candycap - 2009/02/28(Sat) 19:49 No.1267   HomePage

すでに届いていると思いますが、新バージョンをお送りさせて頂きました。
予告していた機能は一応全て入っています。

線を残す機能を足し、削除などのデータ変更や、拡大縮小などにきちんと書かれている線と同期させるために、プログラムも少々複雑化しちゃいました。そのせいでバグが入っている可能性が以前より高まっていますので、変な動作がありましたら教えてください。

細かな仕様変更では、上下矢印キーが上手く動かない場合があるため、PgUp,PgDn キーでも拡大縮小をするようにしています。

また、gajinさんからは早速使用された感想などのご報告を頂きました。
ありがとうございました。




Re: PhotoRuler   nivalis - 2009/02/28(Sat) 21:14 No.1268

Candycap さん、新しいバージョンのPhotoRulerを送ってくださり、ありがとうございます!
 線の色を、これにしようかあれにしようかと楽しんでいました^ ^.線が残るとどれを計っていないのかすぐ分かるので便利ですね。
 で、難点だなぁと思ったのは、胞子を計りたいのに現物がない!
スーパーできのこを買ってこようか・・・いや、やっぱり自然のきのこだよなぁ・・・とシーズンインしていないのがホント残念、そんなことを思っていました^ ^.
(それと、せっかくLoadとSaveの機能が出来たのですが、私のPCではダメみたいです。)

 種山さんが理想のツールと仰っていましたが、こんなに簡単な操作で楽に計測できるなんて夢みたいです。たくさんの方(きのこ関連)に知ってほしいと思いました。




Re: PhotoRuler   Candycap - 2009/03/01(Sun) 00:01 No.1269   HomePage

nivalisさん、

> それと、せっかくLoadとSaveの機能が出来たのですが、私のPCではダメみたいです。

誤解させてたなら申し訳ないのですが、Save/Loadするのは設定データだけで、画像や測定データは保持しません。

もちろんそれも一緒にする事は可能なんですが、その方がいいですか?
それとも何をセーブするかを選べた方が良いですか?




Re: PhotoRuler   nivalis - 2009/03/01(Sun) 02:02 No.1270

>Save/Loadするのは設定データだけで、画像や測定データは保持しません。

そうだったのですか、納得です。例えばラインを緑に変えてSaveし、あらたに起動したときそれをLoadするとラインが緑になると言うことですね。

>もちろんそれも一緒にする事は可能なんですが、その方がいいですか?
>それとも何をセーブするかを選べた方が良いですか?

いえ、容易に計れるということがメインなので必要性はないように思います。1枚の画像で100個以上計れて、途中で作業を中断するなんてことはないと思います・・・(たぶん?)。
 ただ、このソフトが普及したときSave/Loadを(私のように)誤解する人はいるだろうなぁって気はします(私だけかな^ ^;)。




Re: PhotoRuler   Candycap - 2009/03/01(Sun) 08:37 No.1271   HomePage

> 例えばラインを緑に変えてSaveし、あらたに起動したときそれをLoadするとラインが緑になると言うことですね。

はい。特にスケールの測定値を対物レンズごとに保存しておくと便利かなと思いました。あと、スケールの測定は、複数回の平均値を使いたいですよね。それも出来るように考えてみます。

>ただ、このソフトが普及したときSave/Loadを(私のように)誤解する人はいるだろうなぁって気はします(私だけかな^ ^;)。

なるほど、設定だけだと分るように考えてみます。
あと、何個測ったのかも。




Re: PhotoRuler   種山 - 2009/03/01(Sun) 11:59 No.1274

早速、実戦で使用しています。
2標本それぞれ100以上計測しましたが非常に具合がいいです。

メールを受け取るのが仕事場なので
新バージョンはまだ試していませんが楽しみです。

スケールの平均を出すのは重要なことだと思います。
40ミクロン分、ミクロメーターの4カ所のピクセル数を計りましたが
結構ばらつきがありました。

きららさん
また例会などでお世話になります。




Re: PhotoRuler   nivalis - 2009/03/01(Sun) 22:56 No.1277

>特にスケールの測定値を対物レンズごとに保存しておくと便利かなと思いました。
>なるほど、設定だけだと分るように考えてみます。
>あと、何個測ったのかも。

「対物レンズごとの保存」これは、実際に顕微鏡で胞子を覗いたり実態をわかっているからこそ、どうしたら良いのか考えのつくことだと思わされています。
私にはプログラムを作るって皆目見当がつきませんけれど、労作は大変だと思います。今のままで十分過ぎるほど活用できますしありがたいと思ってます。Candycapさんにすっかりオンブしている形で申し訳なく思っています。どうか根を詰めぬようお体に無理を掛けないでくださいね。お願いいたします。





バーを入れる  投稿者: nivalis 投稿日:2009/02/17(Tue) 22:14 No.1243

 「検鏡写真にバーの入れ方を教えてください(ペイントショッププロ7J)」とある方からメールをいただきました。何枚かの写真を見ながらのほうが分かりやすいのではないかと思うことと、もっと簡単なやり方があるよとか、他の方からも意見を頂けたらと思いましたので、掲示板に載せることにしました。
 私はペイントショッププロ(=PSP)8を使っていますが、機能操作はほぼ似ているのでPSP8で説明いたします。

きのこの胞子や組織を写真に撮る時のカメラ側の設定と同じで、対物ミクロメーターの写真を撮ります。私はカメラ側の設定はいつも同じにしているので、各対物レンズで撮った写真をフォルダに収めています。
[画像移動=1]
 バーを入れたい画像を表示させ、同じ対物レンズで撮っている対物ミクロメーターの写真も表示させます。(画像を縮小したときは、対物ミクロメータの写真も同じ縮小にします。)
[画像移動=2]
 次に、対物ミクロメータの写真から10ミクロン(あるいは任意)を選択ツールでバーにしたい太さを決めたら、塗りつぶしツールかブラシツールで塗りつぶしをします。色は選択されている部分にしか塗れませんのではみ出る心配はありません。
[画像移動=3]
バーが出来たら、画像のファイル名のある上の青い部分を右クリックしコピーします(選択されているバーのみコピーになります)。
[画像移動=4]
次に、バーを入れたい画像を表示させ、画像のファイル名のある上の青い部分を右クリックし貼り付け(新しいレイヤーを選択)をします。
[画像移動=5]
貼り付けたバーは、移動ツールで好きな位置に移動させます。
レイヤーを「すべて結合する」にしてバーのコピペが出来上がりです。
[画像移動=6]
必要に応じて回転したりトリミングしたり修正します。
後は、文字を入れて出来上がりです。
[画像移動=7]


こんな方法もあるよ〜と、ご存知の方がいらっしゃいましたら
教えてくださいm(^ ^)m。




Re: バーを入れる   種山 - 2009/02/18(Wed) 21:02 No.1245

こんにちは

私も全く同じ考え方でやってます。
これ以外ありえないのではないでしょうか。

最近、胞子サイズ測定スケールを作って使い始めています。
円形のスケールでなかなか使い勝手がよいです。

近日中に私のサイトからダウンロードできるようにしようと思っています。

ところで胞子サイズの標準偏差を求めるとき
縦、横それぞれの偏差でいいんでしょうか?
また、例えば縦の平均が10ミクロンで標準偏差が4ミクロンと
なった場合、記載には8〜12ミクロンとしていいのでしょうか。
スレッドの趣旨からはずれますが、ご存知でしたらご教授を・・・




Re: バーを入れる   nivalis - 2009/02/18(Wed) 23:37 No.1246

こんばんは 種山さん 皆さん

掲載の説明を見て、メールいただいた方から「見事に「バー」が作成できました」と連絡が来まして、ホッとしています^ ^。

>最近、胞子サイズ測定スケールを作って使い始めています。
>円形のスケールでなかなか使い勝手がよいです。

とっても興味深いです。種山さんはそういうソフトも作れちゃうのですか(@ @)すごいです。
私はここ何年も「斜めものさし」ソフトをDLして使用しています。
その後、「縦横ものさし」が出たのですけど、スケールの角度を自由に変えられないので不便、ずーっと「斜めものさし」を使ってきました。
円形のスケール・・・どんなんなのでしょうね?
アップされるのを心待ちにしますです!

>ところで胞子サイズの標準偏差を求めるとき
>縦、横それぞれの偏差でいいんでしょうか?

記載はサイズの最小〜最大と思っていましたが、標準偏差・・・ですか。
このことについてどなたからの、コメントがあるといいですね。




Re: バーを入れる   種山 - 2009/02/20(Fri) 12:59 No.1247

複数の方から直接メールで返答をいただきましたので
どんな内容かだけ書きます。

>縦、横それぞれの偏差でいいんでしょうか?
これでいいそうです。

>また、例えば縦の平均が10ミクロンで標準偏差が4ミクロンと
>なった場合、記載には8〜12ミクロンとしていいのでしょうか。

統計学的には50個計測の結果であれば
平均値±標準偏差 10μm±4μm (n=50)
mean±S.D. = 10μm±4μm (n=50)
の様に書くそうです。

またキノコの記載においては
(6)8〜12(13)μm
8〜12は偏差の範囲、かっこ内は最小もしくは最大
とするようです。

>種山さんはそういうソフトも作れちゃうのですか(@ @)すごいです。

残念ながら私はプログラミングなんてできません・・・
ただの画像です。過度な期待は禁物です・・・・・・




Re: バーを入れる   nivalis - 2009/02/20(Fri) 23:48 No.1248

私も下記の要点をいただきました。

『 正確さにこだわるときは,次の点に気をつけてください。

1)できるだけ,保存画像は使わずに試料撮影後にもう一度撮影すること
2)一カ所の測定値を当てにせず,平均値を算出して使うこと 』

2)は、対物ミクロメーターによって、一つ一つの目盛りの幅に誤差があるので、10μmの幅のピクセル数を読み、平均値で出されたバーを貼り付ける、とのことでやってみました。
対物ミクロメーターの目盛りをランダムにあっちこっち撮って(9枚だと少ないでしょうか)・・・、元画像でその幅のピクセル数を出してみました。
数値は226が1枚、227が7枚、228が1枚、平均は227でした(画像は縮小しています)。
[画像移動=1]
で、元画像の1枚に平均したバーを貼り付けておきました(画像は縮小しています)。
[画像移動=2]
これなら、1箇所の測定値じゃないので、1箇所の測定値よりは正確と言えるし、バーを毎回作り出す必要が無いので、これは楽だと思いました。

それと自分で注意していることの一つに
カメラによる歪曲収差があり、収差のひどくなる画像の端の目盛りは誤差が大きくなるので、画像中央部かその近くの目盛りを使っています。

>ただの画像です。過度な期待は禁物です・・・・・・

はーい。でも、他の人がどんな工夫しているのか・・・って勉強になりますよね。楽しみにしています。




Re: バーを入れる   gajin - 2009/02/24(Tue) 21:16 No.1249

すごくレベルの低い話で恐縮ですが・・、
バーの精度うんぬんという前に、私の場合「これ何倍の対物で撮ったんだっけ・・?」と後から分からなくなってしまうことがしばしばあります。1〜2種くらいの検鏡ならなんとか覚えてるんですけどね。それ以上になるともうだめ・・。大体は倍率をだんだん上げていくので、前後関係で判断できるのですが、逆戻りしたりするとさっぱり分からなくなることがあります。そんなときはシャッタースピードから類推するとか、挙げ句の果てには胞子サイズから逆算するなんて本末転倒なことになったりもします。
60倍の対物を使っていたときなんかは最悪でしたね。それでも、なんとなく直感では分かるのですが、後になってやっぱり違ってたなんてことが何度かありました。
100倍の対物の場合、コリメート法で撮影していたときには渦巻き模様が顕著に出たので間違えることは少なかったのですが、一眼デジカメになると、この渦巻き模様が出ないので、それがかえって怖かったりします・・。(^^;

みなさんはこんなことないですよね?
やっぱりこれは几帳面にメモをとる習慣を付けるしかないのでしょうね?




Re: バーを入れる   nivalis - 2009/02/25(Wed) 14:14 No.1250

>「これ何倍の対物で撮ったんだっけ・・?」
>みなさんはこんなことないですよね?

gajinさんもだったのですか〜
胞子なら何となくわかることもあるのですが、傘表皮とか柄表皮とかシスチジアとかの組織になると何倍だったっけと後から見たらさっぱりわからなくなります。んでフォルダに取り込んだら、画像の1枚に×40とか入れるようにしているのですが、几帳面じゃないので後から失敗と思うこともたびたびあります。

>やっぱりこれは几帳面にメモをとる習慣を付けるしかないのでしょうね?

私は渦巻きを見て・・・なんて見る目がないので・・・コンデジでさえ
わからなくなってしまいます^ ^;
習慣が付くと良いんですけど・・・なかなか習慣になりません。
いい方法があると良いんですけどね。




測定ソフトを作ってみました   Candycap - 2009/02/25(Wed) 16:31 No.1251   HomePage

nivalisさん、こんにちは。
兵庫のCandycapです。
いつぞやは、お世話になりありがとうございました。

「斜めものさし」のお話を伺って、私もちょっと試してみましたが、一々測った長さを打たないといけないのは面倒ですよね。スケール変換も出来ませんし・・・

そこで、じゃー、自分で作ればいいじゃないかと思い立ち、ちょっと試作品を作ってみました。

ソフトを起動して、最初に対物ミクロメータの写真をドラッグ&ドロップして読み込ませます。上下矢印で、ちょうど良い大きさに拡大・縮小表示させ、マウスでスケールの端にクリックすると線が引かれますから、そのまま、測りたい位置に動かして、もう一度クリックすると、左側に画像での何Pixel分だったかの数値が入ります。それを基準値とするには、Setボタンを押すと、その右側のboxに数値が入ります。
さらに、今計った長さをいくつにするのか?を Scale Lengthの項目に入力します。画像の例では、50umの長さを測ったので、50と入れています。
リストに残っている数字はもう要らないので、Removeか、Clearを押します。

次に、同じ倍率で撮った写真をドラッグ&ドロップします。
こちらも、上下矢印キーで、ちょうどよい大きさに設定し、画像のように、同じくマウスをクリックしながら、順番に測っていきます。始点のクリックに失敗したときは、右クリックしてください。やり直しが出来ます。

初期条件では、2種類(縦と横など)を1セットで測定していく設定になっていますが、Number of Columnsを変更すれば、1〜4の間で選べるようになっています。

そして、測定が終わったら、Copyボタンをおすとクリップボードに貼り付けられますから、Excelなどにペーストできます。その後は、Excelで、追加の計算が可能なようになっています。

もし、使ってみたいと思われる方がいらっしゃいましたら、お送り致しますので、candycapcookie@gmail.comまでお知らせください。

その上で、ご感想などお聞かせいただければ嬉しいです。




Re: バーを入れる   種山 - 2009/02/25(Wed) 19:36 No.1252

Candycapさん はじめまして

こんなツールが自分でプログラムできたらと、
思っていた物と全く同じです。すばらしいです。
メールしますのでよろしくお願いいたします。

>「これ何倍の対物で撮ったんだっけ・・?」

私もしょっちゅうあります。
リレーレンズの倍率を変えたものが混在してるとお手上げです。
胞子サイズから推定してというのも同じですね・・・




Re: バーを入れる   nivalis - 2009/02/25(Wed) 22:10 No.1253

お久しぶりです Candycapさん

>一々測った長さを打たないといけないのは面倒ですよね。

私はアナログというかレトロというか- -;
斜めものさしで計って、鉛筆で紙に書いて、それをエクセルに書き込んでいました。先日は・・・100個の胞子を計測してチマチマと書き写してました。
計測したものをエクセルにコピー出来るなら、とっても楽ですよね。
でも、私の頭はとてもアナログなので使えるかしらって思っています。
大丈夫かなぁ・・・。
このスレッドで出てきた標準偏差ってどう出すの?ってわかんないし・・・。

でも、ものは試し挑戦させてください。
宜しくお願いいたします。




測定ソフト   Candycap - 2009/02/26(Thu) 10:22 No.1254   HomePage

早速、種山さん、nivalisさん他の方から使ってみたいとのご連絡を頂きました。ありがとうございます。

送らせていただきましたので、ご感想など、どうかよろしくお願いいたします。また、少しでもお役に立てる事を願っています。

メールで実行ファイルで送るとウィルスの危険があるので拒否されるのは分っていたのですが、zipファイルに圧縮してもダメだったのには驚きました。やむなく、".zip_"と、拡張子に`_`を余分にくっつけて送っておりますので、保存されてから、「名前の変更」で、余分な`_`を取っていただけますようお願いいたします。

あと、前回は説明していませんでしたが、Format String の"F2"というのは、小数点2桁で出力するという意味になります。これを、"F4"とかにすると、小数点4桁で出力します。また、エンジニアリング形式にする場合は、"E4"とかにしてみてください。

現在分っている不具合ですが、Copyなどのボタンにフォーカスが行っているときには、上下の矢印で画像の拡大縮小が動作しない場合があります。そんな時には、リストの出力ボックスをクリックするなどしてみてください。

以上、よろしくお願いいたします。




Re: バーを入れる   Candycap - 2009/02/26(Thu) 10:54 No.1255   HomePage

>「これ何倍の対物で撮ったんだっけ・・?」

私は、カメラのズーム倍率がいつの間にか変わっちゃってた事に2週間ほど気がつかずに写真を撮り続けて、全てムダにした事があります。(^^;
「胞子のサイズがどうしても合わない・・・もしかして別種なのか?なぜなんだー!」とおかげで相当悩まされました・・・

>ものさしで計って、鉛筆で紙に書いて、それをエクセルに書き込んでいました。

実は、私も胞子のサイズなんかの測定は、印刷してノギスで測って、それをエクセルに打ち出す・・・というアナログをやってたんですが、どうして今まで自分で作ることを思いつかなかったのだろうと不思議でなりません。
皆さんのお話を読まなかったら、何の疑問も持たずに今もアナログでやってたと思います・・・
ですので、皆さんからアイデアを頂き、感謝しています。

あと、もう一つ、ソフトの説明が抜けていました。

Pixelsの欄に設定した数字は、各対物レンズごとの値をメモっておいて手入力すれば、毎回測る必要はありません。
そうした設定も、ファイルに書き出し・読み出しが出来るようにしたいと思っています。





画像です  投稿者: 渓一郎 投稿日:2009/02/15(Sun) 13:39 No.1239

画像の貼り付けを忘れました。
2枚しかありませんが宜しくお願いします。




渓一郎さん、こんにちは!   あそぼ - 2009/02/15(Sun) 16:54 No.1240

久しぶりのきのこ写真ですね〜。ありがたいですね。
釣りに行ってとのことですから、渓流釣りなら解禁を迎えたあの辺なのかな〜(これは余談です)針葉樹に出ていたことと絵合わせでハナビラダクリオキンで良いと思いますよ。このキノコならそんなに大きくならないのでこれで十分に成長済みかも。
では、では




Re: 画像です   nivalis - 2009/02/16(Mon) 22:03 No.1241

こんばんは 渓一郎さん あそぼさん

発生がマツの倒木とのことなので、あそぼさんが仰るように
私もハナビラダクリオキンで良いのではないかと思います。
これに似た種で、広葉樹に発生するコガネニカワタケ
どこが違うのかな〜と思ったら
科も違うし、胞子形状も違うし、全然別物なんですねぇ。

 釣りと聞くと、あそぼさん、きのこ以上にピピッと反応されてますね^ ^。
知人の話で、釣りに行ってマツタケを見つけたなんて話を聞いたことがあります。釣りときのこ、メインは釣りでも思いがけないきのこに出会うと一石二鳥ですよね。
 渓一郎さん、釣りへ行って、またきのこ見つけたらぜひ見せてくださーい^^/~




おはようございます!   あそぼ - 2009/02/17(Tue) 05:27 No.1242

そうなんです。もう一つ似たのがあったよな〜と思いつつ、ニヴァリスさんがホローしてくれるだろうと勝手に予想して短いレスでした。ありがとうございます。
渓一郎さん、実はこの機会にハナビラダクリオキンの名前を覚え違いしていることに気が付きました。おまけに、コガネニカワタケも覚えられました。また、写真見せてください。
この場お借りして第1弾!北海道きのこの会会報にようやく目を通しました。レオピーさんやったね〜。ニヴァリスさんの検鏡もばっちり!
第2弾、田中さん、可愛い綺麗なカレンダーありがとうございました。
ではでは




Re: 画像です   渓一郎 - 2009/02/17(Tue) 22:36 No.1244

あそぼさん、ニヴァリスさん、ありがとうございます。
早々私の持っている図鑑等を見てみましたが載っていませんでした。
インターネットで検索して友人のカモシカさんの指摘通りだと納得した次第です。これからは釣りと山菜がメインになりますが可愛い森の妖精にも注意したいと思います。





[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38]

投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(修正キー)を入れると修正・削除ができます。
投稿Noや修正キーの入力ミスがあると拒否されますのでご注意ください。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto -