Since Oct.2015_ 181915
[Home] [きのこメモ] [Q&A] [投稿時のお願い] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

きのこ おしゃべりボード
迷惑投稿対策に投稿キーを設定しました。投稿の際には投稿Noを入力してください。
URL欄は任意でサイトをお持ちの場合のみ入れてください。
初めての投稿の際には、上欄にある「投稿時のお願い」を必ずお読みください。

おなまえ
URL
題  名
先頭画像
コメント
画 像 1
画 像 2
画 像 3
投稿画像の数を変更できます→ (画像の参照はクリアされます)
修正キー (英数字で8文字以内。掲示板下部の欄から修正キーを使い修正・削除ができます。)
文字色
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
*--- スレッドは親記事に返信がつくとTopに移動します---*
1.きのこでしょうか?   何でしょうか?   網目の様なヒダ   ホコリタケ属とノウタケ属につい...   材上生の腹菌類2種   初めて見たキノコ   名前をお教えください
2.わかりませんでした。   チチの出るキノコ   腐朽倒木上の2種   カタログでも不明   硬質菌   本日の戦利品    材上生のシロソウメンタケ?
3.コウスムラキシメジか?   何類でしょうか?   石垣島のきのこ   2017年 年末挨拶です   サルノコシカケ   青森県産きのこ図鑑の紹介   ??タケ
 新着の期間  [全ページの表示]  [目次OFF]  [新着一覧

不明イグチ2種について  投稿者: konpas 投稿日:2016/08/25(Thu) 11:45 No.2973

皆 様

8月19日にきのこの観察に行って来ました。そこで種々のイグチが確認された中に、下記2種のイグチがありました。

1.柄下方に膨らまないウスキニガイグチのような不明種
発生環境;モミ、アカマツ、コナラ、シデ類の混生林。他のイグチでは、ベニイグチ、セイタカイグチ、アシナガイグチ、アカジコウ、イグチ以外ではコウモリタケ群生。ベニウスタケなど。

傘;ややビロード状の手触りあり。黄褐色。
肉;類白色。切断面がやや黄色化?。味は弱い甘みと渋み(二人が味見し同意見)。
管孔;湾生。帯紅紫色。
孔口;管孔とほぼ同色。傷つけると濃褐色化。

柄について;よれた縦じわ様条線あり、何度か擦っているうちに?褐色化?。下方に向かい膨らまない。

ウスキニガイグチにしては、肉と柄表面の変色性が気になっています。
ウスキニガイグチ若しくは類似種の可能性が高いでしょうか。それとも全く別種の可能性の方が高いでしょうか。ご意見の程よろしくお願いします。


2.傘に小鱗片?のあるイグチ
発生環境;上記1のイグチに同じ。
クリイロイグチの仲間でクリイロイグチモドキあるいはビロードクリイロイグチかなと思っています。
傘の鱗片についてご教示いただきたいと思っています。
図鑑によるとクリイロイグチモドキは小鱗片圧着。ビロードイグチはビロード状と記述されています。その違いがよく理解できていません。
この子実体の傘は小鱗片圧着に近いと思うのですが、いかがでしょうか。
ご教示よろしくお願い致します。




Re: 不明イグチ2種について   har.takah. - 2016/08/25(Thu) 13:24 No.2975   HomePage

2.についてコメントさせていただきます。

ご指摘の通りお写真の標本はクリイロイグチモドキの圧着した小鱗片状に近いと思います。濃い栗褐色を帯びるビロードクリイロイグチと異なり、クリイロイグチモドキは傘と柄がより淡色の肉桂褐色を呈する点で容易に区別できます。
ビロードクリイロイグチの傘表面については微毛に被われたビロード状を呈し、成熟するとしばしば細かくひび割れた細点状になるとされております。

クリイロイグチモドキは南関東で普通に見られ、昔、正式に記載される以前はニッケイイグチというコードネームで呼んでおりました。長澤先生が新種記載を準備しておられるということで、発表を控えていた経緯があります。




Re: 不明イグチ2種について   konpas - 2016/08/26(Fri) 06:03 No.2976

har.takah.様

早速のご教示ありがとうございました。
小鱗片状に近いということで理解することができました。
また2種の傘色などの違いやクリイロイグチモドキのエピソードも教えていただき、大変参考になりました。
今後もよろしくお願い致します。




Re: 不明イグチ2種について   種山 - 2016/08/26(Fri) 20:55 No.2977

クリイロイグチモドキの学名は、Gyroporus longicystidiatusで、長いシスチジアという意味です。縁シスチジアが異様に長いということですのでぜひ顕微鏡で観察してみて下さい。

1.はKOHでの反応は確認されましたでしょうか。写真と肉の味から判断すればウスキニガイグチに見えます。

ちなみに、イグチに関しては、柄の形状には大きな変異がありますので、必要以上に重視しない方がよいです。柄の基部が膨らむことから命名したホテイイロガワリでも、上下同大の場合があります。




Re: 不明イグチ2種について   konpas - 2016/08/27(Sat) 10:42 No.2978

種山 様

2のきのこの縁シスチジアを観察してみました。
これが縁シスチジアか自信がありませんが、先端部分から菌糸みたいのが伸びているのが縁シスチジアかなと思いました。いかがでしょうか。


1の乾燥きのこにKOH液30%液を滴下してみました。傘肉はわずかに帯黄色となり、傘表皮は茶色より濃褐色(こげ茶色)になりました。管孔も濃褐色になりました。

傘表皮と管孔の変色の仕方が違うのは、乾燥標本による可能性はあるのでしょうか。

いつものようにしつこい質問で申し訳ありません。m(_ _)m




Re: 不明イグチ2種について   種山 - 2016/08/28(Sun) 18:40 No.2980

クリイロイグチモドキの縁シスチジアについては以下を参考にしていただければ。
http://gajin.sblo.jp/article/4575814.html

乾燥標本での肉眼的呈色反応はやったことが無いです。同一標本で、生と乾燥で反応が違うのか試してみるのもよいと思います。




Re: 不明イグチ2種について   konpas - 2016/08/29(Mon) 05:56 No.2982

種山 様

ご回答ありがとうございます。
さっそくT様のオケラ日記「クリイロイグチモドキ」の記事を見てきました。
比べてみると私のは縁シスチジアと断定するには微妙な気がします。胞子と菌糸も含め少し時間をかけて観察してみようと思います。

乾燥標本の肉眼的呈色反応は一般的ではないのですね。今度見つけたら生で挑戦してみます。

いろいろ勉強になりました。ありがとうございました。




Re: 不明イグチ2種について   イグチ 潔 - 2016/08/31(Wed) 09:19 No.2986

乾燥標本の肉眼的呈色反応は、原則としてまったく当てになりません。

例外として、ベニタケ属の一部の種では、乾燥標本で会ってもアンモニア水で鮮やかなワインレッドになったり、硫酸ヴァニリンで赤変するものも知られていますが。

少なくとも、テングタケ類・フウセンタケ類・イグチ類では、生のうちに呈色反応を調べる必要があるといってよいようです。




Re: 不明イグチ2種について   konpas - 2016/09/01(Thu) 22:34 No.2989

イグチ 潔 様

>乾燥標本の肉眼的呈色反応は、原則としてまったく当てになりません。

そうなのですか。ありがとうございました。このような基本的なことも分からないので、教えていただきとても勉強になります。
ありがとうございました。





名前を教えてください  投稿者: fu 投稿日:2016/08/27(Sat) 10:52 No.2979

8月26日 奈良県台高山脈 二階岳 標高1200m付近で見かけたきのこです。
名前を教えてください。表面と裏面の写真です。





Re: 名前を教えてください   種山 - 2016/08/28(Sun) 18:41 No.2981

この写真だけでは何ともいえませんが、コガネヤマドリに似ています。




Re: 名前を教えてください   fu - 2016/08/29(Mon) 15:39 No.2983

ありがとうございました。





名前を教えてください  投稿者: koron 投稿日:2016/08/08(Mon) 11:15 No.2963

初めて投稿させていただきます。
先日、広葉樹林内地上にて採取したものです。下の5本はヤマドリタケモドキだと思うのですが、上の4本がわかりません。ニガイグチ属ではないかと考えているのですが自信がありません。
名前を教えてください。よろしくお願いします。





Re: 名前を教えてください   種山 - 2016/08/08(Mon) 20:09 No.2964

上の4つですがニガイグチ属で間違いありません。種名はありません。個人的に「あんもにがイグチ」と呼んでいるものです。かさにアンモニアを滴下すると面白い反応が観察出来るのです。

差し支えなければ、どこの地域なのか教えていただけないでしょうか。





Re: 名前を教えてください   koron - 2016/08/09(Tue) 07:26 No.2965

種山様、早速のご回答ありがとうございます。
採取地域は、北海道の平取町です。教えていただきありがとうございました。




Re: 名前を教えてください   nivalis - 2016/08/09(Tue) 14:28 No.2967

はじめまして koronさん

下のきのこもニガイグチ属ではないでしょうかね。
断面が写っているのを見ても
ヤマドリタケモドキではなさそうですよ。

種山さん、いつもありがとうございます。
きょうは、そろそろ出ているはずだとアンモニアとお遊びでキンカンを持って出かけました。
が、今年はどうしたのか発生が遅いのかすごく悪いって感じで出会えずでした。
アンモニアで色が変わるのを現地で確かめたかったのに、残念。




Re: 名前を教えてください   koron - 2016/08/09(Tue) 16:58 No.2970

nivalisさん、ありがとうございます。

説明がわかりづらくてすみません。
1番最初の写真の中の上4個と下5個のきのこうちの下5個のきのこをヤマドリタケモドキだと判断したのですが、違っていますか。
下段のキノコだけの写真を左に添付しました。どうでしょうか。

今日、隣町のキャンプ場に出かけました。あんもにがイグチ?がたくさん出ていました。
ただ、3枚目の写真のように柄の上部に網目模様があるので違う種類かもしれません。





Re: 名前を教えてください   nivalis - 2016/08/09(Tue) 18:31 No.2971

koronさん、すみませんでした。
No2963の3枚目〜5枚目の画像は、上の段のニガイグチ属を撮ったものなのですね
色合いが現場で撮ったものと違うように見え、下の段のものを撮ったものと勘違いしました。

No2970 の1枚目の画像は確かに網目があり孔口が白色のちに黄色ということですね。
No2963の1枚目(下段)はヤマドリタケモドキと少し雰囲気が違っているように見えました。
ごめんなさい。




Re: 名前を教えてください   koron - 2016/08/09(Tue) 21:11 No.2972

nivalisさん、こちらこそすみませんでした。
No2963の3枚目〜5枚目の画像は、1日冷蔵庫の中に入れておいたところ色が変わってしまいました。
紛らわしくて申し訳ありませんでした。





名前を教えてください  投稿者: fu 投稿日:2016/08/09(Tue) 11:02 No.2966

8月6日 白山山系 中宮温泉手前で見かけたきのこです。
名前をご存知でしたら教えてください。
よろしくお願いします。





Re: 名前を教えてください   nivalis - 2016/08/09(Tue) 14:38 No.2968

はじめまして fuさん

傘表面のみの画像では分かりにくいですね。
1枚目のきのこは、傘裏がヒダでしょうか? それとも管孔(スポンジ状)でしょうか?
2枚目は、おそらくアケボノドクツルタケではないでしょうか(猛毒菌です)。
3枚目はチチタケのように見えます。

こんど写真を撮るときは、傘表面の他に裏面のヒダの様子や柄の様子も撮っていただくと
名前がより確実になるかもです




Re: 名前を教えてください   fu - 2016/08/09(Tue) 16:28 No.2969

きのこの名前のみならず撮影の際のポイントまで教えていただき
ありがとうございました。
傘の表面・裏面・柄の3方向から撮影すべし!!ですね。
また不明な点を教えてください。
よろしくお願いします。





ツバのあるPluteus  投稿者: nivalis 投稿日:2016/07/21(Thu) 22:49 No.2958

以前、きのこ仲間とお話ししていて
Pluteus にはツバがないと豪語していたのですけれど
きょうはA川市のFさんから写真が送られショック・・・
これまでPluteusにはツバがないと思い込んでいましたが、思いを新たにしました。

調べてみると、どうやらPluteus mammillatusという種のようです。
とても稀だと思います。Fさんから了解を頂いたので写真を掲載いたします。

皆さん、ツバのあるPluteusってご存知でしたか?





Re: ツバのあるPluteus   フジタケ - 2016/07/22(Fri) 08:38 No.2959   HomePage

ご無沙汰しています。

山梨県の里山で2回見つけているきのこですが同じものでしょうか。
コナラと思われる倒木に9月初旬に発生し傘径5p前後でとてもきれいです。
傘周辺の条線はほとんど見えませんが、学名検索すると同様なものが見受けられました。





Re: ツバのあるPluteus   nivalis - 2016/07/24(Sun) 22:46 No.2960

フジタケさん、ご無沙汰しています。

出かけていたため、レスが遅くなりすみません。山梨県にもあったのですね!

私は現物を見たことがありませんけれど
フジタケさんが見つけられた種も
同じPluteus mammillatusのように見受けられます。
この種のツバは、中央より下につく特徴があるみたいですね

今のところ、北海道と山梨県から見つかっているということになりますね。




Re: ツバのあるPluteus   イグチ 潔 - 2016/07/26(Tue) 23:47 No.2961

Pluteus fenzlii (Schulzer) E. Malysheva et al. なんていうのがロシアから見つかったそうです(http://agro.icm.edu.pl/agro/element/bwmeta1.element.agro-ef734fdb-b0fc-4338-96af-c130bec6dc6d/c/b153-160.pdf)。

「ベニヒダタケに似るが、つばを備える点・かさがより滑らかな点・側シスチジアが顕著で多生する点で異なる」とされています。

 また、「アメリカ産の P. mammilatus とは、発生環境・かさの色とその表皮構造。シスチジアの所見などにおいて類似しているが、後者と異なり、ひだが黄色く縁どられる」と述べられています。


 また、イタリアからも、柄に内被膜片を備えた Pluteus の一変種が報告されています(http://www.mycologia.org/content/103/4/904.short)。




Re: ツバのあるPluteus   フジタケ - 2016/07/27(Wed) 19:58 No.2962   HomePage

情報ありがとうございます。

発生が少ないようで、また見つけられるかわかりませんが
今度見つけたら、胞子や組織の観察もしたいと思っています。

とりあえず不明菌のフォルダから出してPluteus mammillatusのフォルダに入れておくことにしました。





ウツロイイグチ属?  投稿者: nivalis 投稿日:2016/07/17(Sun) 20:18 No.2952

No2948でウツロイイグチの種名があがり
ウツロイイグチそのものではありませんが、ウツロイイグチ属ではないかと数年前から気になっているキノコがあります。ミズナラ主体の広葉樹林ですがところどころエゾマツが植樹されています。そのエゾ松林にも発生します。検鏡しているわけでもなく、数年前の写真しかありませんが…。

ウツロイイグチ属ではないかと思う根拠は何もないのですが、ムラサキヤマドリタケがしばしばシワというか凹凸があり、ムラサキヤマドリタケに近いのではないか、そんなことを思ったりしています。


下はムラサキヤマドリタケです。





Re: ウツロイイグチ属?   種山 - 2016/07/19(Tue) 20:31 No.2953

北米産のムラサキヤマドリタケ姉妹群であるB. separansは、一時期ウツロイイグチ属に移されましたが、現在ではBoletusに戻されています。胞子紋が黄褐色である点がウツロイイグチ属に似ていますが、Stuffed poreである点、柄の網目が顕著である点などが異なっています。狭義のBoletusのすぐ隣に位置するクレードで、いずれ新しい属が提唱されるものとにらんでします。

で、写真の不明種ですが、ムラサキヤマドリタケ姉妹群に含まれるのではと思います。形態的には、かさの質感、管孔の長さ、柄の網目の様子に共通点を見いだすことができます。




Re: ウツロイイグチ属?   nivalis - 2016/07/20(Wed) 02:25 No.2954

種山さん、ありがとうございます。

>現在ではBoletusに戻されています。

そうでしたか。ウツロイイグチ属に置かれたのはもう過去のことだったのですね。

>Stuffed poreである点、柄の網目が顕著である点

これまで、アワタケなどの管孔は荒いと思っていましたが他のイグチの管孔に関して、じっくり比較して見ることはありませんでした。ウツロイイグチ属の管孔はどうだったろうか、と過去の写真を見てみました。

確かに、下のBoletusとは違うって感じです。


>いずれ新しい属が

きっと、ムラサキヤマドリタケにとってはスッキリなのかもしれませんね。




Re: ウツロイイグチ属?   konpas - 2016/07/20(Wed) 06:20 No.2955

こちらのスレッドと私の立てた「イグチ2種」のスレッドを数回読み直してみました。

お二人のレベルの高い書き込みに、初歩的な質問で恐縮ですが、nivalisさんの「ウツロイイグチ属」は私の「ウツロイイグチ?(ニガイグチ属?)」に比べ、孔口が少し大きい、管孔が短めのように感じましたが、ウツロイイグチ属の見立て(同定材料)として合っているでしょうか。

種山様
牛肝研究所の記事「あんもにがイグチ」を再度読み直してきました。

決してツッコミではなく,何も分からないので教えて欲しいのですが、
傘や柄の色合いは変化に富んでいるのでしょうか。私の「ウツロイイグチ?」としたものと、色合いが違うような気がしました。
ご教示よろしくお願い致します。




Re: ウツロイイグチ属?   nivalis - 2016/07/20(Wed) 14:14 No.2956

こんにちは konpasさん

イグチ類は私も初心者同然(他のきのこもそうですが)です。
ニガイグチ属とウツロイイグチ属を比較しての管孔の大きさや長さは、あまり当てにはならないような気がしています。なぜならニガイグチ属も幼菌時はかなり薄く短いです。成長に従い管孔も伸びてきますし…。ただ、ヤマドリタケ属と比較した場合に、ウツロイイグチ属やニガイグチ属よりヤマドリタケ属の管孔は長い感じです。
1枚目ニガイグチモドキの仲間、2枚目オオクロニガイグチ、3枚目ウツロイイグチ、4枚目ヤマドリタケモドキ


No2954の2枚目の画像は、はじめて出会った時ニガイグチ属だろうと思いました。けれど齧ってみると味は温和、それでしばらくは「???」きのこでした。そのうち何度も見かけ、ネット検索などでの画像を見たり、胞子を見て、ああウツロイイグチ属だったんだと思いましたが、最初は分かりませんでした。konpasさんがウツロイイグチと思われたニガイグチ属菌は、私も見かけたことがありますが、同じだとすればかなり苦いです。ニガイグチ属でも苦くないものもあるので、味での判断は出来ませんが、ウツロイイグチ属(私の知るウツロイイグチ属)は苦みがありません。

下はオクヤマニガイグチかな?と思っているきのこです。





Re: ウツロイイグチ属?   konpas - 2016/07/20(Wed) 20:56 No.2957

nivalis様

何枚もの画像を使っての説明ありがとうございます。
確かに管孔の大きさや長さは同定の決め手にはならないようですね。
結局は胞子の色や味などで総合的に判断するしか無いのかなと思いました。

一度ウツロイイグチの現物を見ると感覚が分かると思うのですが、近々の観察会で期待したいです。





イグチ2種について  投稿者: konpas 投稿日:2016/07/15(Fri) 16:24 No.2948

先日ウツロイイグチ?とヤマドリタケモドキ?を採取しました。
ご意見を頂きたく投稿いたしました。

ウツロイイグチの柄の網目について
ウツロイイグチと思われるきのこを採取し観察したところ、柄の頂部に5o前後の細かい網目とその下に縦長の網目がありました。一昨年に別な場所で採取したウツロイイグチと思われるものにも網目がありました。
「原色日本新菌類図鑑」などには網目があるともないとも記述されていません。また、ネットで検索したところ、柄の頂部が明確に映し出されているものが見つけられずにいます。
ウツロイイグチの柄頂部には、時に網目があるのでしょうか。


以下はヤマドリタケモドキ?です。
幼菌を見るとヤマドリタケモドキやムラサキヤマドリタケのような、二重の網目というか入り組んだ網目が見られます。これはヤマドリタケモドキだなと思ったのですが、成熟した子実体は、傘がひび割れだらけになっています。周辺に数本発生していましたが、成熟した子実体は全て傘がひび割れています。
「原色日本新菌類図鑑」には時にひび割れると記述されていますが、このような状態なることはあるのでしょうか。




Re: イグチ2種について   種山 - 2016/07/15(Fri) 20:01 No.2949

ウツロイイグチとされたものは、どうやらニガイグチ属のようです。私が「あんもにがイグチ」とよんで調べているものに良く似ています。今日の牛研記事にそのことをちょっと書きましたのでご覧下さい。

かさのひびわれは乾燥により、たいていの種で起こりうるものです。




Re: イグチ2種について   種山 - 2016/07/15(Fri) 20:08 No.2950

ウツロイイグチ Xanthoconium affine には基本的に網目はありません。が、北米産Xanthoconium affine var. reticulatum が知られています。国内にもウツロイイグチの範疇に含まれそうなものに網目があるものが存在します。





Re: イグチ2種について   konpas - 2016/07/16(Sat) 08:36 No.2951

種山 様

早速のご教示ありがとうございます。

ウツロイイグチにはやはり網目が無いのですね。これで納得できました。ニガイグチ属の可能性が高いとのことで、勉強になりました。
私自身は、ウツロイイグチとニガイグチ属の違いがよく分からないです。今まで見たのは全てニガイグチ属だった可能性が高いことに少しショックです。ひょっとしたウツロイイグチを見ていないのかもしれません。

北米産Xanthoconium affine var. reticulatumについて、暇を見つけていずれ和訳して勉強してみます。


>かさのひびわれは乾燥により、たいていの種で起こりうるものです。

そうなんですか。こんな基本的なこともよく分かっていないので、回答いただき有り難いです。ありがとうございます。





[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41]

投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(修正キー)を入れると修正・削除ができます。
投稿Noや修正キーの入力ミスがあると拒否されますのでご注意ください。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto -