Since Oct.2015_ 127651
[Home] [きのこメモ] [Q&A] [投稿時のお願い] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

きのこ おしゃべりボード
迷惑投稿対策に投稿キーを設定しました。投稿の際には投稿Noを入力してください。

おなまえ
URL
題  名
先頭画像
コメント
画 像 1
画 像 2
画 像 3
投稿画像の数を変更できます→ (画像の参照はクリアされます)
修正キー (英数字で8文字以内。掲示板下部の欄から修正キーを使い修正・削除ができます。)
文字色
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
1.2017年 年末挨拶です   サルノコシカケ   青森県産きのこ図鑑の紹介   ??タケ   Bisporella   ホコリヤグラタケ   キンカクイチメガサ?
2.ドングリとイガグリからきのこ   アカヤマドリについて   胞子の形状   きのこ   多角菌組織?   クヌギタケと思ったのですが   顕微鏡
3.教えてください。   年末挨拶です   教えてください。   ヤマドリタケについて   ヒョウモンクロシメジ?   ミカワクロアミアシイグチ   きのこの季節
 新着の期間  [全ページの表示]  [目次OFF]  [新着一覧

トガリスズメバチタケ  投稿者: konpas 投稿日:2014/07/08(Tue) 22:29 No.2618

こんにちは。

トガリスズメバチタケと思われる冬虫夏草を見つけました。
図鑑やネットによるとスズメバチの仲間などに寄生するようですが,この宿主はスズメバチには見えなく,どちらかというとアブやハエのように思えます。(自信なし)

そもそもこの冬虫夏草はトガリスズメバチタケなのか。もしそうなら,アブやハエに寄生するのか。それともこの宿主はスズメバチの仲間なのか。
と,疑問が次々と湧いてきてしまいました。

せっかく珍しそうなものを見つけましたが,答えが見つかりません。
ご意見などよろしくお願いします。(いつもいつも恐縮です)

追加の質問で申し訳ないですが,ネットの画像を見ると,宿主がハチと分かる綺麗な画像が掲載されています。私が見つけたのは黒く汚れたような色合いですが,写真に撮る前に宿主を洗っているのでしょうか。





Re: トガリスズメバチタケ   nivalis - 2014/07/09(Wed) 12:02 No.2620

立派なトガリスズメバチタケですね。

邪推かもしれませんが
ホストはクマバチではないでしょうかね?
目は菌糸が回ってしまい白っぽくなっているとか・・・

>写真に撮る前に宿主を洗っているのでしょうか

虫草のコレクターの方は、クリーニングといって
採集後、洗面器に張った水や流水で小筆や絵筆を使って泥をきれいに落していますね。
konpasさんも、ぜひ試してみてください。
(ちなみに・・・私はやったことがありません・・・_ _;)




Re: トガリスズメバチタケ   konpas - 2014/07/09(Wed) 21:27 No.2621

nivalisさん,いつもご教示ありがとうございます。

クマバチでネット検索してみました。
触覚?の形,脚が毛むくじゃらなところ,体調が約24pなど,クマバチに良く似ているように思われます。ハチ目ミツバチ科とのことでした。自分で納得することができました。
こんな冬虫夏草を初めて見たので,かなり嬉しいです。

>konpasさんも、ぜひ試してみてください。

クリーニングの仕方を教えていただき参考になりました。今度見つけたら綺麗に洗ってみます。

ありがとうございました。





フリルイグチ?  投稿者: gorosuke 投稿日:2014/07/01(Tue) 21:56 No.2613

いつもお世話になります。先日地元の観察会で、それまでニセアシベニイグチかその近縁種としてきたきのこに、フリルイグチという名前を付けた方がいました。何処かの観察会で教えてもらったようですが、詳しく尋ねても伝聞ばかりで根拠や出典が分かりません。フリルイグチについてご存知の方、是非教えて下さい。





Re: フリルイグチ?   種山 - 2014/07/02(Wed) 20:03 No.2614

gorosukeさま みなさま

ご無沙汰しております。

フリルイグチとは関西のきのこ会で、極狭い範囲で暫定的に用いている「あだ名」的なものです。もちろん未記載種で、詳細な検討はなされていないと思います。

いずれこのイグチについて調べたいとは思っています。




Re: フリルイグチ?   gorosuke - 2014/07/04(Fri) 22:39 No.2615

種山様
 
早速お返事ありがとうございます。前にもこちらに書きましたが、私達は地元産のニセアシベニイグチに対し、図鑑によく載っているタイプを“ニセアシベニイグチ”、アカジコウに似たタイプのものは“ニセアカジコウ(仮)”と区別してきました。そして前回この“ニセアカジコウ(仮)”の写真をアップしたところ、種山様よりニセアシベニイグチとの指摘を頂きました。今回、私の仲間は“ニセアカジコウ(仮)”にフリルイグチの名をつけました。しかしそうなるとフリルイグチはニセアシベニイグチとなってしまいます。もちろんそんなことはないと思います。ただ私はまだ関西地方でいうところのフリルイグチの実物を見たことがありません。とりあえずフリルイグチの名を自分が使うのは保留したいと思います。





Re: フリルイグチ?   種山 - 2014/07/04(Fri) 23:18 No.2616

gorosukeさま

一つ確認させて下さい。
No.2613とNo.2615の写真のイグチは、ともに“ニセアカジコウ(仮)”と呼ばれていたということでしょうか。であれば、全く別の種を同じ名前で呼んでいる事になっているような気がしますがいかがでしょう?

それから、以前お送りいただいた白いイグチですが、無事にDNAもとれ、ある程度の事が判明しています。詳細はいずれ正式な形で公表する事になると思いますが、その時が近づきましたら、改めて内容をお知らせいたします。




Re: フリルイグチ?   gorosuke - 2014/07/05(Sat) 19:58 No.2617

種山様

No.2613とNo.2615の写真のきのこはそれぞれ違う方から“ニセアカジコウ(仮)”ではないかと言われたきのこです。私自身、最近までキアミアシイグチとキアシヤマドリタケ(池田)を混同していたほどの観察力しかないので、全て同一種の変異の範囲と考えていました。ただNo.2613のきのこはNo.2615のものに比べ管口が長いのは気がついていました。次回から注意して観察したいと思います。

>白いイグチ

そうですか。種山様のサイトで、白いイグチの写真に学名らしき名がついているのを見たので、そんなこともあるかと想像していました。楽しみにしています。





テングタケ科までは分かるのです...  投稿者: konpas 投稿日:2014/06/25(Wed) 10:59 No.2607

nivalisさん,皆さんこんにちは。

アカマツと広葉樹(コナラ類)地上から発生していました。
先頭画像を見たときは,直感的にガンタケと思いましたが,赤いシミがないのと柄が中実なのでこれは違うなと思い直しました。この先頭画像は傘の色が黄色味が強く出ていますが,実物はほとんど黄色味が感じられませんでした。私のカメラの暗い場所での特性が出てしまいました。
傘の色は赤みがあり,絹糸状の光沢がありました。

先頭画像を除く1枚目の画像は柄の部分はもう少し赤みが弱く灰褐色の感じです。もう一つの子実体より濃いめでした。

2枚目の画像はもう一つの子実体です。全体の色合いはこのような感じですが,傘頂部付近は黄色味が強く出てしまっています。傘全体は帯赤褐色でした。周辺に条線は見られません。中央付近のイボは角錐状です。

柄;表面は灰褐色でササクレ状に見えます。内部は中実で白色。膜質つばが垂下し,上下とも類白色です。つぼは傷部分が淡紅色化しているように見えます。

私が一番不思議に思っているところがひだです。
ひだ側面は帯淡黄白色ですが,見る角度によって淡紅色に見えます。

図鑑と見比べると,テングタケモドキが近いかと思うのですが,テングタケモドキのつば下面は暗色と記述されています。この子実体は明らかに類白色なので,当てはまりませんので違うだろうと思っています。

ご意見など頂ければありがたいです。よろしくお願いします。





Re: テングタケ科までは分かるの...   gorosuke - 2014/06/25(Wed) 19:39 No.2608

これがそうか分かりませんが、たしかミドリガンタケというきのこがあったように思います。




Re: テングタケ科までは分かるの...   nivalis - 2014/06/25(Wed) 21:09 No.2609

柄の基部を見ても、一見ガンタケに見えますけど
ツバの上のダンダラ模様が見えず、ツバのつき方が上部にありガンタケっぽくないですよねぇ・・・

写真を拝見したとき、傘中央部の緑色が気になりましたが
実際は傘全体が帯赤褐色とのことで、何かの加減で緑色になっているのだろうか・・・
先頭の画像を見てもやはり傘中央部は緑色を帯びているんじゃないか・・・と
ちょっと分からずにいました。

ミドリガンタケ(仮称)については、富山きのこクラブのサイトに『つばが淡黄色を呈する点以外では、基本変種とあまり変わらないような』と記載が有り、ツバが淡黄色というのが気になりますが
konpasさんの採集種の切断面(柄の表皮下)が淡緑黄色というのも気になりますね。
ヒダの先端部分のみ変色(淡緑黄色からピンク?)というのも不思議ですね。
結局のところ私にはサッパリわかりません。




Re: テングタケ科までは分かるの...   konpas - 2014/06/25(Wed) 21:41 No.2610

gorosukeさん, nivalisさん
早々のコメントありがとうございます。

>富山きのこクラブのサイトに『つばが淡黄色を呈する点以外では、基本変種とあまり変わらないような』と記載

ネットから早速確認してみました。ガンタケと形態があまり違わないとのことですので,ガンタケは柄が中空ですが,この最終種は中実でした。髄状でも無くしっかり詰まっている感じでした。

>konpasさんの採集種の切断面(柄の表皮下)が淡緑黄色というのも気になりますね。

nivalisさん,ごめんなさい。冒頭付近にも書きましたが,私のコンデジは,暗いところや極端に日陰っぽいところでは,光が反射する部分が,時に偽色を発色してしまいます。ホワイトバランスを調整しても,画像処理しても取り除けません。
と言うわけで,切断面(柄の表皮下)を見たときは類白色でした。紛らわしい画像で申し訳ありませんでした。

一方で,ヒダは見る角度でピンクがかって見えます。なのにヒダ側面は帯淡黄白色なのです。
見る角度でピンクがかって見えるのって,
私にとってはかなり不思議なんですよね。こんなことってあるのでしょうか。




Re: テングタケ科までは分かるの...   nivalis - 2014/06/26(Thu) 08:23 No.2611

>私のコンデジは,暗いところや極端に日陰っぽいところでは,光が反射する部分が,時に偽色を発色してしまいます。

そういうカメラもあるのですか(@@)

>見る角度でピンクがかって見えるのって,
私にとってはかなり不思議なんですよね。こんなことってあるのでしょうか。

ありますよ。
ヌメリツバタケのヒダは白色から類白色ですが、下側からヒダを写真に撮ると淡いピンク色で写ることがあります(綺麗です)。
単純ですが、菌糸の中に角度や光の加減によってピンク色に見える色素あるいは物質があるってことじゃないでしょうかね。




Re: テングタケ科までは分かるの...   konpas - 2014/06/26(Thu) 16:55 No.2612

>ありますよ。ヌメリツバタケのヒダは・・・・

なるほど,そうなんですか。そうするとこのテングタケ科の子実体も,同じ現象の可能性があるわけですね。いろいろ面白いことがたくさんありますね。おかげさまでまた勉強になりました。


>そういうカメラもあるのですか(@@)

うーん,特性なのか不具合なのか。時々出るので困っています。ミラーレス一眼でチルト液晶とAPS-Cセンサーを搭載し,ズームでかなりよれるレンズがあれば,購入したいと思っているんです。
今のところ,フジとソニーはレンズが無い,キャノンはチルト液晶じゃ無い,ニコンはセンサーが小さいとかで,どのメーカーも1点だけ満足できません。早く出ないかなぁと思っています。





シーズン到来  投稿者: konpas 投稿日:2014/06/21(Sat) 10:34 No.2604

こんにちは。関東以西ではすでにシーズンを迎えているようですが,自宅周辺の地域でも,きのこが出始めました。
昨年テングタケが出ていた位置とほとんど同じ位置に,今年はイボテングタケが出ていました。
周辺には真っ白い頭をポコポコと出していて,一気に群生状態になりそうです。

この周辺にコクロラッパタケと思われるきのこもでていました。最初に感じたのは,成熟して黒くなってしまったきのこかと思いました。
束生しているのが気になるところですが,図鑑の記述とはあっているように思いますが,どうでしょうか。





Re: シーズン到来   nivalis - 2014/06/21(Sat) 14:20 No.2605

こんにちは
もうテングタケ科のきのこが出て来ているのですね

北海道は長雨で、やっと今日青空らしい青空を見ました。

羊蹄山の麓ではタモギタケやフミヅキタケが出ていました。

他にも色々出ているのですが、流石にテングタケ科のきのこはまだです。

さて、お尋ねのきのこですがコクロラッパタケとは裏面が違いますね。
アクイロウスタケではないかと思います。
学名のCantharellus cinereusでネット検索してみてください。




Re: シーズン到来   konpas - 2014/06/21(Sat) 21:54 No.2606

早速のご教示ありがとうございます。
図鑑を再確認したところ,コクロラッパタケ→脈状しわが放射状。アクイロウスタケ→脈状しわひだが不規則に連なり網目状。と記載されていました。
本子実体の裏面とネットと図鑑の記述を照らし合わせて読んでみて,「なるほどこのような意味か」と理解することができました。

野生のタモギタケは昭和60年頃,北大植物園の中の倒木上に,大発生しているのを採取したことを,とても懐かしく思い出されました。
それ以来出会っていないので,また見たいと思っています。

最後になりましたが,今シーズンもまたいろいろ教えていただきたいと思いますので,nivalisさん,他の皆さんよろしくお願いします。






日本産きのこ目録2015  投稿者: 幸徳伸也 投稿日:2014/01/01(Wed) 22:51 No.2594

新年あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。

たびたびですが、この掲示板をお借りしてお知らせいたします。
本日、日本産きのこ目録を更新しました。

必要な方は以下よりダウンロードしてください
http://koubekinoko.chicappa.jp/nihonsannkinoko/2015/00mokuroku2015.htm

少しでもお役に立てば幸いです(^^)




Re: 日本産きのこ目録2015   nivalis - 2014/01/04(Sat) 00:48 No.2595

明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします。

お知らせ頂きありがとうございます!
新バージョン早速DLさせていただきました。
今年も重宝に使わせていただきます。
感謝です。




Re: 日本産きのこ目録2015   松井和雄 - 2014/04/06(Sun) 15:44 No.2600

幸徳さま。ご無沙汰いたしております。
日本産きのこ目録2015の中に、・・新版 北陸のきのこ図鑑の中の270ページ
ウスイロホコリタケ属
Morganella purpurascence(Berk & M.A.Curtis)Kreiser & Dring クロゲチャブクロ AGARICOMYCOTINA_AGARICOMYCETES_AGARICOMYCETIDAE_AGARICALES_Agaricaceae_Morganella ハラタケ亜門_ハラタケ綱_ハラタケ亜綱_ハラタケ目_ハラタケ科_ウスイロホコリタケ属 池田良幸. 2013. 新版 北陸のきのこ図鑑 No. 1243. 橋本確文堂. クロゲチャブクロ
Morganella subincamata(Peck.)Kreiser & Dring アバタチャブクロタケ AGARICOMYCOTINA_AGARICOMYCETES_AGARICOMYCETIDAE_AGARICALES_Agaricaceae_Morganella ハラタケ亜門_ハラタケ綱_ハラタケ亜綱_ハラタケ目_ハラタケ科_ウスイロホコリタケ属 池田良幸. 2013. 新版 北陸のきのこ図鑑 No. 1244. 橋本確文堂アバタチャブクロタケ.
の部分が記載漏れの様です。松井




Re: 日本産きのこ目録2015   松井和雄 - 2014/04/08(Tue) 07:41 No.2601

クロゲチャブクロ以下、Lycoperdon属の中に見つかりました。私の、勉強不足でした。
松井




Re: 日本産きのこ目録2015   幸徳伸也 - 2014/04/11(Fri) 23:28 No.2602

お久しぶりです。

チェックしてくださり、ありがとうございます。

ミスはたくさんありますのでまた気づいたときは連絡ください(^^)

すでに2015でも数点ミスが発覚しています。

いずれ更新しないといけないのですが・・・・。




Re: 日本産きのこ目録2015   松井和雄 - 2014/05/08(Thu) 00:51 No.2603

きのこの別名の中に、「ヨゴレオウギタケ」ですが、
これは、キオウギタケの別名で、成田傳蔵(故人)が、青森県のきのこ・・・のシリーズで、使った名前で、カラマツの樹下に見られます。キノコの姿から、紫のシミがまさに、ヨゴレオウギタケが覚えやすいです。
幸徳さんのなされた仕事に感服しております。
タンパク質(魚・豆・肉・卵・牛乳のどれか)と、ミカンやトマトなど、ビタミンCの多い果物を朝から、しっかり食べて、体調を壊さないように。
仕事を続けるには、健康が第一です。
毎日、3食、続けて、22年目になりました。





新年ご挨拶  投稿者: konpas 投稿日:2014/01/08(Wed) 06:31 No.2596

少し遅くなりましたが,あけましておめでとうございます。
nivalisさん,gorosukeさん,みなさん,昨年はいろいろ教えていただきありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。




Re: 新年ご挨拶   nivalis - 2014/01/08(Wed) 11:59 No.2597

明けましておめでとうございます

今年の菌学会菌類観察会は宮城県の予定(9月19日〜21日)です。
今年はどんなきのこに出会えるか楽しみです。
それと、たくさんの人達に出会えるのもとても楽しみです。
お会いできると良いですね

これからもきのこ写真や情報(こんなきのこが発生していたよ〜)と
投稿いただけると嬉しいです。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。




Re: 新年ご挨拶   gorosuke - 2014/01/08(Wed) 22:49 No.2598

あけましておめでとうございます

掲示板を見たら私の名が出ていたのでびっくりしました。こちらこそ宜しくお願い致します。





ツエタケ  投稿者: 広尾山荘 投稿日:2013/12/28(Sat) 22:12 No.2591   HomePage

うーんとご無沙汰で、東京の広尾山荘です。
こちら、キノコの秋にほとんど出なくてシーズン終了しちゃいました。

nivalisさん、ずいぶんツエタケ類勉強してますね。長澤先生の講演会まで出張してるんですね。
私はチョコッとにわか勉強で・・。

前に白いツエタケが載ってましたが、こちらでは黒いツエタケも出ます。白いツエタケは頻繁に見ますが。
でもこれら、みなオキナツエタケの範囲内のようです。

私の徘徊範囲では、95%がオキナツエタケです。残り、たまにマルミノツエタケとビロードツエタケ・・かな。

3枚目の写真、何の胞子だと思います?
ツエタケの胞子です。
トゲミフチドリツエタケという仮称で呼んでいる、神奈川の丹沢山地特産です。丹沢の山奥、そこはヒルの大群が待ち構えていて、今は誰も行きません。
幼菌のうちは少しカドが出るくらいですが、成熟するとこの様な金平糖型になります。
今年、なぜか平地の公園にも出ましたので、来年は注意して探してみようと思っています。





Re: ツエタケ   nivalis - 2013/12/30(Mon) 10:53 No.2593

山荘ご主人様、ご無沙汰しております。
情報ありがとうございます。
私もにわか勉強で色んなツエタケがあるんだなぁ程度です。

>前に白いツエタケが載ってましたが、こちらでは黒いツエタケも出ます。

驚きです!
いつかのいつかグリーン色のツエタケに出会ってみたいと思っていましたが、お写真拝見して「ええっ! こんなのもアリ?」と思いました。とても興味深いです。

>私の徘徊範囲では、95%がオキナツエタケです。残り、たまにマルミノツエタケとビロードツエタケ・・かな。

そうですね、私のよく歩くフィールドでもオキナツエタケが多いという印象です。でも場所柄なのでしょうか、近くの防風林はビロードツエタケ(エゾノビロードツエタケ)ばかり、某フィールドではマルミノツエタケが多いなんてこともあります・・・。

>3枚目の写真、何の胞子だと思います?

あるらしいとは聞いていたのですが、やはり日本にもあったのですね。もし私が偶然見つけてしまったらかなりドキドキすると思います(まず、見つけられないでしょうけど‐‐;)。
再度採集が出来ましたらぜひぜひお写真を見せてくださいね。楽しみにしています。





[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38]

投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(修正キー)を入れると修正・削除ができます。
投稿Noや修正キーの入力ミスがあると拒否されますのでご注意ください。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto -