Since Oct.2015_ 165075
[Home] [きのこメモ] [Q&A] [投稿時のお願い] [新着] [目次] [使いかた] [画像の投稿方法] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

きのこ おしゃべりボード
迷惑投稿対策に投稿キーを設定しました。投稿の際には投稿Noを入力してください。

おなまえ
URL
題  名
先頭画像
コメント
画 像 1
画 像 2
画 像 3
投稿画像の数を変更できます→ (画像の参照はクリアされます)
修正キー (英数字で8文字以内。掲示板下部の欄から修正キーを使い修正・削除ができます。)
文字色
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
1.コウスムラキシメジか?   何類でしょうか?   石垣島のきのこ   2017年 年末挨拶です   サルノコシカケ   青森県産きのこ図鑑の紹介   ??タケ
2.Bisporella   ホコリヤグラタケ   キンカクイチメガサ?   ドングリとイガグリからきのこ   アカヤマドリについて   胞子の形状   きのこ
3.多角菌組織?   クヌギタケと思ったのですが   顕微鏡   教えてください。   年末挨拶です   教えてください。   ヤマドリタケについて
 新着の期間  [全ページの表示]  [目次OFF]  [新着一覧

アカヤマタケなどの仲間?  投稿者: konpas 投稿日:2013/07/17(Wed) 16:06 No.2534

こんにちは。

一見したときはコンイロイッポンシメジかと思い撮影しました。
しかし,採取後しばらくすると,ひだの傷ついたところが黒変しています。
撮影のため切断してみると,肉も黒変し,数時間後にはほとんど黒色化しました。

アカヤマタケの仲間の特徴のような気がするのですが,いかがでしょうか。それとも,コンイロイッポンシメジも黒変するのでしょうか。
発生場所はアカマツ主体でコナラなどの広葉樹が混じっている地上でした。
また,傘と柄の色は濃紺というより,ほとんど黒に近いような青(濃青黒色?)でした。
肉はやや黄色みを帯びています。





Re: アカヤマタケなどの仲間?   nivalis - 2013/07/18(Thu) 09:25 No.2535

こんにちは konpasさん

>コンイロイッポンシメジも黒変するのでしょうか。

いいえ、黒変しません。ヒダの透明感といいますか、コンイロイッポンシメジはこのような透明感のある橙色にはなりませんし、胞子紋を取ればどちらの科か判別がすぐにつくと思います。ただ、老成していたり乾燥していると胞子が落ちにくいということもありますが、科が判らないときは胞子紋の色は重要です。

それと
アカヤマタケの仲間かもしれないと思ったときに
アカヤマタケ属の属名HygrocybeをGoogleなどで検索されると 『Hygrocybeの画像検索結果』が
表示され、たくさんの画像を見ることができます。全ての画像が正しいというわけではなく、誤同定の画像もたくさんあり信憑性に欠けますが、画像をクリックすると学名が表示されていることが殆どですのでヒントをもらえます。今度は学名をGoogleなどで検索し、自分の見たものとどうなのかいくつか見比べてみる、そんな調べ方もあります。
画像検索結果からこんなのがありました。
http://www.first-nature.com/fungi/hygrocybe-conica.php

アカヤマタケ(Hygrocybe conica)は橙色のヒダをしているのか?が疑問になってきますが
少なくともアカヤマタケの仲間かと思います。




Re: アカヤマタケなどの仲間?   konpas - 2013/07/19(Fri) 19:26 No.2536

nivalisさん,いつもご教示ありがとうございます。勉強になります。

コンイロイッポンシメジはやはり黒変しないのですね。

Hygrocybeで検索してみました。ヌメリガサ科の画像が大量に表示されました。
「こんな調べ方もあるのか」と勉強になりました。
この方法でいろいろなきのこを検索してみようと思います。

改めて思うのですが,きのこって分からないものが多いですね。だからこそ楽しいのですが。今回のはひょっとして珍しい子実体だったのかと思ってしまいます。

ありがとうございました。




Re: アカヤマタケなどの仲間?   コナン - 2013/07/19(Fri) 22:45 No.2537

konpasさんへ

ご参考までに、アカヤマタケ属の中には黒く変色するきのこが何種かありますので、変色する前の特徴を確認することも重要かと思います。
ちなみに、写真のきのこはアカヤマタケHygrocybe conicaそのものとは異質なような気がします。




Re: アカヤマタケなどの仲間?   konpas - 2013/07/21(Sun) 06:00 No.2538

コナンさん,ありがとうございます。
お礼が遅くなり申し訳ありません。

この子実体は初めからこのような色と思いました。
撮影時には子実体に傷や擦れた跡などなく,しっかりとした印象でした。ただ,非常に軟らかいきのこでした(少なくとも柄部分は)。
採取後はペーパータオルで包み,空きカップコーヒーにいれ持ち歩いていましたが,取り出したときにはフニャッとした状態でした。

>アカヤマタケHygrocybe conicaそのものとは異質なような気がします。

そうですか。ヌメリガサ科でも異質な感じでしょうか。




Re: アカヤマタケなどの仲間?   コナン - 2013/07/22(Mon) 01:16 No.2540

konpasさんへ

>>アカヤマタケHygrocybe conicaそのものとは異質なような気がします。

>そうですか。ヌメリガサ科でも異質な感じでしょうか。

写真で見る限り子実体はアカヤマタケ属菌と思われますが、アカヤマタケそのものとは異質である(nivalisさんのご指摘のとおりひだの色などから)という意味です。


>この子実体は初めからこのような色と思いました。

アカヤマタケなどは傷を付けると黒く変色するだけでなく、老成したものでも黒く変色してきます。写真では子実体が古くなっていることが分かります(傘の縁の皺の状態から)ので、多分後者でしょう。変色する前は赤か黄系統の色かと思います。

取り急ぎご参考まで。




Re: アカヤマタケなどの仲間?   nivalis - 2013/07/22(Mon) 09:53 No.2541

コナンさん、ありがとうございます。

konpasさん
舌足らずで説明不足があり、申し訳ありませんでした。

>Hygrocybeで検索してみました。ヌメリガサ科の画像が大量に表示されました。

Hygrocybeはヌメリガサ科なので、ヌメリガサ科で間違いではないのですが
ヌメリガサ科はヌメリガサ属 Hygrophorus とアカヤマタケ属Hygrocybeとオトメノカサ属Cuphophyllusがあり(オトメノカサ属については、現在ヌメリガサ属 Hygrophorusまたは アカヤマタケ属Hygrocybeに吸収されCuphophyllusはないみたい?です)。Hygrocybeで検索した場合、アカヤマタケ属の写真が表示されます。
ちなみにHygrophorusで検索した場合、ヌメリガサ属 のきのこが表示(たまに違う属の写真も入っていますが)されます。

きのこも動物や植物と同じように分類されており,当然学名があります。
北陸のきのこ図鑑を見るとよく○○.spと学名欄に表示されていますが
これは大概、種名がないかまたは種名まで落とすことが出来なかった種について○○属の仲間として
○○.spと表示されています。
きのこにある程度慣れてくると
同定できないきのこについては科はもとよりせめて属までは落としたい・・・とそんな願望もあるわけで、属レベルで話を進めることが往々にしてあります。
その科にはどんな属(genus or genera)が所属しているか、勉強してみることをお勧めします。
私もきのこを覚えたての頃、勉強しましたよ〜^ ^.





大ツノフノリタケ?  投稿者: gorosuke 投稿日:2013/07/07(Sun) 23:04 No.2531

3/3に投稿して何ヶ月も皆様に見て頂いたNO.2509のきのこについてお知らせします。先日このきのこと同じものと思われるきのこを観察しました。大きさはやや小型ですが昨年と一緒の場所に出ていました。標本を採取して検鏡してみるとアカキクラゲ科特有の担子器が確認できます。「やはり」と言うべきか「残念」と言うべきかわかりませんがハナビタケではありません。まだ精査していませんが大きなツノフノリタケの可能性が高いようです。





Re: 大ツノフノリタケ?   nivalis - 2013/07/08(Mon) 20:03 No.2532

結果報告をありがとうございます。

ツノフノリタケはアカキクラゲ目で、ハナビタケはハラタケ目
目レベル(もっと大枠の綱レベル)からしてかけ離れて違うのですね。ハナビタケの担子器は棍棒型なので、担子器をみると一目瞭然・・・というところでしょうか。
ツノフノリタケに似ていながら、実は全く違っていたなんて出会いも、絶対ないとは言い切れないわけで、勉強になりました(正真正銘のハナビタケって見てみたいですね)。




Re: 大ツノフノリタケ?   gorosuke - 2013/07/09(Tue) 23:01 No.2533

>(正真正銘のハナビタケって見てみたいですね)。

私も同感です。地元で見つけた幾つかの標本(束生する物、しない物。また枝分かれするも物、しない物)を観察してみましたが何れもアカキクラゲ科のきのこでした。従って顕微鏡の使えない観察会の現場で仮同定する時はツノフノリタケとしておいた方が無難です。
今はっきり「ハナビタケ」として写真を載せているのは「信州のきのこ」信濃毎日新聞社 だけのようです。もし当時編集に当たられた方が現在でもお元気ならば図鑑のきのこをどのように「ハナビタケ」と同定されたのかお聞きできないかと思います。





ヨゴレキアミアシイグチ?  投稿者: konpas 投稿日:2013/07/05(Fri) 10:52 No.2524

こんにちは。

当地では数日前からきのこが一気に発生しています。
7月2日と4日にきのこ撮影に行ってみたら,いろいろでていて楽しむことができました。
7月2日はサナギタケがたくさん出ていました。アップで撮るときれいでした。

4日は牡丹園の中でいろいろなきのこに出会うことができました。
その中でササクレヒトヨタケは高さが30p以上になって群生していました。ちょっと驚きです。

そして,教えていただきたいイグチがあります。
下草がほとんどないアカマツ林の地面に発生していました。
初めは見たときは「アカヤマドリを見つけた」と喜んだのですが,柄に網目があります。図鑑には柄に網目の記載がありません。
原色新菌類図鑑にヨゴレキアミアシイグチ,北陸のきのこ図鑑にアケボノヤマドリタケが記載されています。これが近いように思われますが,いまいち違うように思われます。
肉は青変性がありません。切断面を見ると傷ついている部分からやや黄土色

ご意見いただけないでしょうか。





Re: ヨゴレキアミアシイグチ?   konpas - 2013/07/05(Fri) 10:55 No.2525

すみません。画像が全部送れなかったので,追加投稿させていただきます。





Re: ヨゴレキアミアシイグチ?   nivalis - 2013/07/05(Fri) 22:43 No.2526

ヨゴレキアミアシイグチをご存知の方がいらっしゃると良いですね。
(私は分かりませんです- -;)

サナギタケの写真は不思議な感じがしますね。
切り抜いたあと背景のみの画像に貼り付けでしょうか。
こんな方法もあるのですね

ササクレヒトヨタケ、見事に発生のようで羨ましいです^ ^。




Re: ヨゴレキアミアシイグチ?   konpas - 2013/07/06(Sat) 06:53 No.2528

こんにちは。
返信ありがとうございます。
ヨゴレキアミアシイグチは的外れかもしれないですが,どなたかにご意見いただけるとありがたいです。

>サナギタケの写真は不思議な感じがしますね。切り抜いたあと背景のみの画像に貼り付けでしょうか。

牛肝菌研究所・たねやま様のサイトを拝見し,私も黒バックの撮影をしたいと思いました。
とはいえ,「背景に無反射布を用いた黒バック撮影」は,私にはとても無理と思い,お手軽撮影の方法を考えました。それが,黒バックの箱を作り,その中に子実体を置いて撮影することを思いつきました。これだと野外でも気軽に撮影できます。折りたたみ式にしました。
ところが,黒バックの箱は垂直面と水平面の反射が違うので,一様な黒になりません。しかも,土やらゴミやらが付着してきれいな画像にならないことが分かりました。

やむなく,フォトショップエレメントを使って,背景を黒に塗りつぶすことにしたら,少し見られるようになりました。でも,輪郭部分がどうしてもうまくいかないのが欠点です。





Re: ヨゴレキアミアシイグチ?   har.Takahashi - 2013/07/06(Sat) 10:32 No.2529

お写真から判断しますと、傘の表面はひび割れていて特徴がよく分かりませんが、柄の表面が茶褐色を帯びること(ヨゴレキアミアシイグチは芥子色)、そして肉が白色に見える点(ヨゴレキアミアシイグチは芥子色〜淡黄色を帯びる)からヨゴレキアミアシイグチ Boletus (Pulveroboletus) sinapicolor Cornerよりもヤマドリタケモドキに似ているように思われます。またヨゴレキアミアシイグチの傘の表皮組織はやや膨大したほぼ等径の菌糸細胞からなる短細胞被を形成するというBoletus属の仲間では稀な特徴を持っています。




Re: ヨゴレキアミアシイグチ?   konpas - 2013/07/06(Sat) 17:47 No.2530

har.Takahashi 様
初めまして。ご教示ありがとうございます。

ヤマドリタケモドキで「原色日本新菌類図鑑」を読み直してみました。
そうしたら,傘は「ときにひび割れる」と記載がありました。
こんな状態のは初めて見たので,全く分かりませんでした。
また,ヨゴレキアミアシイグチについても,詳細な特徴を教えていただきありがとうございます。

たいへん勉強になりました。ありがとうございます。今後もよろしくお願いします。





ヒスイ色のきのこ  投稿者: gorosuke 投稿日:2013/06/30(Sun) 22:04 No.2517

 今年は未だこちらもきのこの発生がいまひとつです。しかし私が「ヒスイガサ」と勝手に呼んでいる緑色のきのこは昨年と変わらず顔を見せてくれました。発生地の公園管理者から連絡があったので地元きのこ会の例会はパスして行ってきました。去年も自分なりに調べてみたのですが、“ヌメリガサ科アカヤマタケ属?”くらいしかわかりません。標本は確保してあるので出来ればコナン様に見て頂こうと思っております。





Re: ヒスイ色のきのこ   nivalis - 2013/07/01(Mon) 19:01 No.2518

こんにちは gorosukeさん

写真を見せてくださりありがとうございます。ホントに綺麗なきのこですね。アカヤマタケ属には赤やら黄色やら鮮明色のきのこが多いとは思っていましたが、この翡翠色も、アカヤマタケ属ならではの発色なのかもしれませんね。

>標本は確保してあるので出来ればコナン様に見て頂こうと思っております。

良いお返事をいただけると良いですね。




Re: ヒスイ色のきのこ   コナン - 2013/07/02(Tue) 01:03 No.2519

こんばんは gorosukeさん
そしてnivalisさん ご無沙汰しております。

添付の緑色のアカヤマタケ属のきのこと思われる画像、大変きれいな写真ですね。
「ヒスイガサ」という名前もピッタリのような気がします。

一昔前まではアカヤマタケ属の緑色のきのこは皆「ワカクサタケ」にされていましたが、今は違って多数あることが分かってきていますね。
一昨年の菌学会札幌大会で発表された(?)「フカミドリヤマタケ」というきのこによく似ておりますが、写真で見る限り同じものとは思えません。

念のためご確認ですが、「傘と柄には粘性はなし」でよろしいでしょうか?




Re: ヒスイ色のきのこ   gorosuke - 2013/07/02(Tue) 22:38 No.2520

持ち帰った標本を1本冷蔵庫に入れ忘れました(写真)。完全に乾燥すると傘のヒスイ色は飛んで橙色になるようです。ただコナン様もこんな標本ばかり貰っても困ると思うので今回は普通にキッチンペパ−に包んだものとは別に湿ったミズゴケに包んだ物も同封します。みちのくまで長旅を標本が耐えてくれることを祈ります。




Re: ヒスイ色のきのこ   gorosuke - 2013/07/02(Tue) 22:46 No.2521

コナン様

>傘と柄には粘性はなし
 無かったと思います。子実層託実質は並列型でした。




Re: ヒスイ色のきのこ   gorosuke - 2013/07/04(Thu) 23:11 No.2522

無事標本が到着したようです。今回は初めて標本を紙に包んだものとは別にミズゴケに包んで発送しました。このような生物素材を梱包に使うことはきのこに対して目に見えない汚染をもたらすことが考えられるので躊躇しました。しかし干物の魚を水で戻しても生の魚に還らないように乾燥したきのこも元に戻りません。思い切ってやった結果は良かったみたいで翡翠色ままのきのこをコナン様にお届けできました。

このきのこは愛知県森林公園の展示館前で生態展示中です。「ヒスイガサ(仮)」の看板も出ているのですぐわかります。来園された方は是非ご覧になって頂きたいと思います。




Re: ヒスイ色のきのこ   コナン - 2013/07/05(Fri) 00:47 No.2523

gorosuke 様

標本ありがとうございました。

梱包を開けてみて、はっきり言って驚きです。ミズゴケで包んだものは、まるで今朝にでも採取したような良好な状態で届き、詳細に形態を観察することができました。

アカヤマタケ属菌は時間との勝負で、子実体の色や粘性の有無などを確認するためにはなるべく朝露の乾かないうちに観察が必要なため、今までほかの方から標本を送っていただくことをあまり考えておりませんでした。全てのアカヤマタケ属菌に有効かどうか分かりませんが、一つの方法として今後遠隔地の標本の収集に採用できるものと思います。
ただ、さすがに採取してから3日も経っていますと、胞子紋の採取に苦労しています。

肝心の観察結果ですが、実物を見て感じたことは写真と違って極めてフカミドリヤマタケ Hygrocybe atroviridis ined. (2011年、日本菌学会札幌大会発表)に似ているということです。
同種との違いは傘の周辺の条線の有無と柄の太さぐらいで、この特徴だけで別種とするためには根拠が弱いため、顕微鏡的な違いがないか調査中ですが、胞子紋が上手く取れていないのがネックとなっており時間が掛かりそうです。

なお、フカミドリヤマタケの画像は、以前にこのコーナーで紹介しておりますのでご参照ください。




Re: ヒスイ色のきのこ   gorosuke - 2013/07/05(Fri) 23:08 No.2527

コナン様

>はっきり言って驚きです
怪我の功名です。発生地は家から車と徒歩で1時間かかります。時期が時期なので標本を採取してから家に帰るまでに干からびてしまいます。色々考えてこの方法しか思いつきませんでした。特許は取りませんので皆様ご自由に真似して下さい。

>時間が掛かりそうです
かまいません。宜しくお願い致します。ただ結果が出たらテレビか新聞の取材の可能性があるのでその時はまたご協力をお願いするかもしれません。

>胞子紋が上手く取れていないのが
実は私もうまく取れていません。現地での採取がベストだと思います。すぐに行くことは出来ませんが次回挑戦してみます。





何科でしょうか  投稿者: konpas 投稿日:2013/06/26(Wed) 16:29 No.2514

こんにちは。ご無沙汰しています。

6月24日に草地に単生,束生していました。
フミヅキタケに近いのか,ハラタケに近いのかもわかりません。ひょっとするとヒトヨタケの仲間?と思ったりしています。
根元を掘り起こしてみるとご覧のように根状に伸びていました。
ひだは白色→濃褐色でした。離生なのか直生状上生なのか判断に迷っています。
傘の色は私のPCでは,淡黄土色に見えますが,実物はもう少し黄土色でした。粘性は特にありませんでした。(湿時は分かりません)
また,特徴的なにおいもありませんでした。

図鑑を見ても分かりませんでしたので,ご教示いただければ幸いです。





Re: 何科でしょうか   nivalis - 2013/06/26(Wed) 19:28 No.2515

ご無沙汰しています。
お元気でしたか?
私の住むあたりは、雨が少なくきのこは今ひとつ・・・
掲示板も寂しいなぁ・・・と思っていました。
久々の投稿、ありがとうございます。

>ひだは白色→濃褐色でした。

フミヅキタケは最初白色からやや薄い紫灰色、次第に茶褐色になります。
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:2011-04-29_Agrocybe_praecox_group_143839.jpg


ハラタケ属のきのこは(全てかどうかわかりませんが)白色からピンク色、そしてチョコレート色になります。
http://www.mushroomexpert.com/agaricus_campestris.html


イタチタケ科のきのこは、下記URLの写真の感じです。
最初白色から紫灰色、やがて黒褐色(または褐色)でしょうか・・・。
http://mycoweb.narod.ru/fungi/Submitted/UIA/Psathyrella_candolleana_UIA_20060611.jpg

私はイタチタケか、ひょっとしてアシナガイタチタケ?ではないかなぁ・・・と思うのですが、皆様の目には如何映っているでしょうか?




Re: 何科でしょうか   konpas - 2013/06/27(Thu) 06:36 No.2516

nivalis さん。こんにちは。
自分が必要なときしか投稿しないのに,いつも素早いご教示ありがとうございます。

当地も雨が少なく林内は乾燥していました。きのこもほとんど出ていない状況です。
実は今年初めてのきのこ探しでした。

>私はイタチタケか、ひょっとしてアシナガイタチタケ?ではないかなぁ

ありがとうございます。十分に納得しました。
以前に何度も見ているのに,思い浮かびませんでした。
言い訳をすると,すぐ近くに柄の細長い別種があったことで,イタチタケの柄が太短いと錯覚してしまいました。
また,根状に伸びていることで,「珍しい種だ」と思い込んでしまいました。
「まず,普段よく見かける種から調べるようにしなけりゃ」と反省してます。

いろいろなサイトの情報も教えていただきありがとうございます。
それと,nivalisさんが添付の画像は,写真の撮り方など参考になりました。
ありがとうございます。





ハナビタケ?  投稿者: gorosuke 投稿日:2013/03/03(Sun) 00:06 No.2509

 私も昨年観察したきのこで気になっているものを投稿します。写真を撮っている時は「やけに立派なツノフノリタケだなあ。」と思っていたのですが今見ると何か違うようにも感じます。仲間に写真を見て貰うと、ある方がこのようなきのこに「ハナビタケ」というきのこがあることを教えてくれました。その方もそれ以上ご存知ないみたいなので自分なりに調べてみたのですが良くわかりません。シダレハナビタケについてはは幾つかの図鑑に載っていますがハナビタケはほとんど見当たりません。ネットで検索してみると「きのこワ-ルド」様のサイトに紹介されていたため問い合わせたところ「信州のキノコ」信濃毎日新聞社 に載っていることをおしえて頂きました。これとそっくりのきのこがこうとく様の「きのこのしるべ」では「ヒメツノタケ?」とされています。今回のきのこは標本を採り忘れたので次回見つけたら是非担子器を確認してシロソウメンタケ科かアカキクラゲ科か調べてみたいと思っています。しかし資料を持っていないのでハナビタケかどうかは同定することが出来ません。ハナビタケについてご存知の方がいらっしゃいましたら教えて頂けないでしょうか?




Re: ハナビタケ?   nivalis - 2013/03/04(Mon) 11:41 No.2510

こんにちは gorosukeさん

ハナビタケの学名はDeflexula pacifica (Kobayasi) Cornerとなっていますね。
Deflexula pacificaをMycobankで調べてみるとSynonymyに『≡ Mucronella pacifica Kobayasi, Botanical Magazine Tokyo, 53:160, 1939』となっています。
植物誌資料は数年前Kさんから提供頂きいくつか持っていたはず、と見てみました。
ありました。

(追記、ファイルを一旦掲載いたしましたが、著作権があるため削除させていただきました。)




Re: ハナビタケ?   gorosuke - 2013/03/04(Mon) 23:05 No.2511

nivalis 様

>Mucronella pacificaをご覧になってみてください
 早速資料をダウンロ-ドしました。辞書と「菌学用語集」を片手に読むので時間がかかりますが読んでみたいと思います。少し目を通してみると小笠原諸島に関係したきのこのようなので、私が観察したものとは違うかもしれません。しかしこれでハナビタケかどうかは確認できそうです。ありがとうございました。

 次の写真のきのこはやはり同時期、他の場所で観察したものです。子実体の大きさは1センチほどで(NO.2509のきのこは2〜3センチありました。)担子器も二股に分かれています。他の特徴も図鑑の記載と一致するのでツノフノリタケとしてよさそうです。

 勝本謙先生の「日本産菌類集覧」をみていると“疑問種”とされているきのこが多く見受けられます。「日本産菌類集覧」にハナビタケはそう書かれていないので実在するきのことは思っていましたが本当にあるきのこみたいなので良かったです。今年も山へきのこ観察に出かける楽しみが出来ました。





Re: ハナビタケ?   nivalis - 2013/03/04(Mon) 23:44 No.2512

gorosuke さま

今年は採取できて確認できると良いですね。
結果が分かりましたら、お知らせくださいね。
楽しみに待っています。

ツノフノリタケの学名でネット検索するとたくさんの画像が見られますけど
ハナビタケが混同されているような気がしました。
それとツノフノリタケを検索したおかげで鳥取の白水先生の「白水の穴」というサイトがあることを知りました。
https://sites.google.com/site/ornithomyces/

>辞書と「菌学用語集」を片手に

私もわずか数行だけ「菌学ラテン語と命名法」から語句を調べたりしましたが
cなのかeなのか直ぐ様判別できなかったり、部分的に訳さなくても分かる単語はあるものの
分からない単語が参考書に必ずあるという訳ではないので
わずか1ページ程度でも、根気が必要ですね。頑張ってくださいね。




Re: ハナビタケ?   gorosuke - 2013/03/06(Wed) 22:57 No.2513

同じものかどうかわかりませんがアカマツから発生した写真もあったのでアップします。

  nivalis 様

>ハナビタケが混同

 もしNO.2509の写真のきのこや「信州のキノコ」信濃毎日新聞社(P114)に載っている小沢良行氏が撮影された写真のきのこに4胞子性の担子器があるとするとハナビタケとツノフノリタケの同定は顕微鏡を見なければわからないということになるので無理ないと思います。また私としてはこのきのこをアカキクラゲ科の別種のきのこかもしれないと考えています。

>結果が分かりましたら、お知らせくださいね。
 もちろんです。ただ相手がきのこなので必ず今年結果が出るとは限りません。そお点はご了解下さい。





ドクツルタケの仲間たち  投稿者: レオピー 投稿日:2013/02/25(Mon) 23:54 No.2504

皆さんこんばんわ。

今年は雪が多いですね〜。((+_+))
皆さんの所はどうでしょうか?

さて、本題です。
今年のキノコはまだなので、昨年撮った写真から疑問に思ったことを
書きたいと思います。

1枚目の写真 キングオブ”ドクツルタケ”と思って写真を撮っていましたが・・・
2枚目の写真 KOH3%を垂らしたら黄変しない??? 濃度の関係?
       ”シロタマゴテングタケ”、”ニオイドクツルタケ”どちらもしっくりこない。

3枚目の写真 ”タマゴテングタケモドキ”(アカハテングタケ)・・・・実は
4枚目の写真 傘は白く、条線なしKOH3%に黄変してしてしまう。なんで・・・???


-------------------------------------------------------------------
それは
「ドクツルタケの仲間」
と同定しましょう。
この通信を読んだ方は、安易に「ドクツルタケ」と言い切ってはいけませんよ。

-------------------------------------------------------------------------
Kさんの資料を読んで納得です。(Kさんすみません勝手に抜粋させていただきました。)

どうも”ドクツルタケ”は何種類かいるみたいですね。

今年の課題一つ見つけました。(^_^;)





Re: ドクツルタケの仲間たち   nivalis - 2013/02/26(Tue) 12:08 No.2505

レオピーさん、こんにちは

今年は最高の降雪量じゃないかと思うくらい、私のところは雪が多いです。
でも3月になると暖かく雪解けが一気に進むと聞いています。
もう少しの辛抱です。

昨年は、私も「ん?」と首を傾げるドクツルタケに出会いましたよ。
傘の中央部がピンク色、KOH3%で黄変、これはアケボノドクツルタケだろうと思ったのですが・・・

でも、ヒダを見るとピンク色。
写真↓のヒダはツバがくっついて白っぽく見えますが、明らかにピンク色です。

青木図版のアケボノドクツルタケを見ると、ヒダは白色とあります。
何かの環境的要因でヒダがピンク色になることもあるんでしょうかね?

>今年の課題一つ見つけました。(^_^;)

そうですか〜^ ^。
私はドクツルタケのあの透き通るような美しい白い傘を上手に撮れません。長年の課題です。
中央部測光にしたりしているのですけど
おおこれだ!と納得出来るものが撮れていません。
美しく妖しいドクツルタケ・・・その仲間たちをぜひ美しく撮ってくださ〜い。




Re: ドクツルタケの仲間たち   K - 2013/02/27(Wed) 22:23 No.2506

レオピーさん、こんばんは。


>この通信を読んだ方は、安易に「ドクツルタケ」と言い切ってはいけませんよ。

どこかで見たことある文章ですね(^^)




Re: ドクツルタケの仲間たち   gorosuke - 2013/02/28(Thu) 23:52 No.2507



レオピ-様

>どうも”ドクツルタケ”は何種類かいるみたいですね
 同感です。昔、柄にささくれがあればドクツルタケ、無ければシロタマゴテングタケと教わりました。しかし私の地元のどちらのきのこもKOH水溶液で黄変します。地域によってはその逆もあるようです。

nivalis様

> 白い傘を上手に撮れません
 おそらくホワイトバランス、露出、レンズの解像力、カメラの映像ソフトなどが関係していると思われますが同じ悩みを持つ方が多いのではないでしょうか?




Re: ドクツルタケの仲間たち   レオピー - 2013/03/01(Fri) 23:00 No.2508

nivalis さん
Kさん
gorosukeさん こんばんわ。(^0_0^)

今までとても気になっていたきのこですが、
どうしてもうまく写真も撮れないしとスルーしていました。

今年は真面目に調査しようと思うので、その時はよろしくお願いいたします。m(__)m





[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39]

投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(修正キー)を入れると修正・削除ができます。
投稿Noや修正キーの入力ミスがあると拒否されますのでご注意ください。

処理 記事No 修正キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50y24m72 :Edit by Yamamoto -